プロフィール

mimi2

Author:mimi2
毎日針を持たぬ日はない 縫い物好き 
近頃はドールのコスチュームが中心
あ、舞台と音楽も大好き(HR歴30年!)

吉祥寺在住

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

お針コ日記

お針コ日記
縫い物好きの 徒然なる日常
尺には尺を 於 さいたま芸術劇場

ストーリー的には 現代の感覚では
どうしようもないこの作品
話の筋は 全く期待しないで 演出や美術
個々の俳優さんの演技のみ観に来ています
蜷川演出作品のラストがこれだったというのも
何か象徴的なことかもしれません


主役の公爵は 一貫性がなくて とってもわかりにくいんだけど
藤木さん その点は 解りやすく見せてくれました
この役に説得力持たせるって なかなかハードル高いんだけど
不自然さは少なく でも嫌な奴度は低く 上手い方ですね
声が割れてて ちょっと台詞が聞き取りにくいのが惜しい

ヒロインの多部さんは安定の上手さ

ところで 罪人仲間のバーガンディが
磔刑姿のキリストのような格好で登場してビックリ
これ どういう意味が有るんだろう?

建物の通路では蜷川さんの追悼舞台写真展やってました

記帳台に献花台も
長年拝見していたので 記帳させていただきました

今日の舞台 一番の拍手は カーテンコール時に
上から大きな幕で下りてきた 蜷川さんの遺影と同じ写真でした
そういえばキャストの方が  以前
「演出家が 誰より大きな拍手取りやがって」と 笑って仰ってたことありました

蜷川演出 彩の国シェイクスピアシリーズ 
残すはあと5作品 他の演出家を招くとか 耳に入ってきますが
どうなるんでしょうか
■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mimi2mimimi3.blog70.fc2.com/tb.php/4229-142d1f4b
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)