プロフィール

mimi2

Author:mimi2
毎日針を持たぬ日はない 縫い物好き 
近頃はドールのコスチュームが中心
あ、舞台と音楽も大好き(HR歴30年!)

吉祥寺在住

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

お針コ日記

お針コ日記
縫い物好きの 徒然なる日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒と涙とジキルとハイド
酒と涙とジキルとハイド←公式サイト

池袋の東京芸術劇場プレイハウス
こじんまりしていて とっても観やすい劇場です

キャストが「片岡愛之助と藤井隆」と言うのにひかれ
そして何より三谷幸喜 彼の新作は如何に?とやって来ました
実は サイドながら通路際最前列のチケットがとれ びっくり

セットは地下の実験室風 セットチェンジ無し 
4人のキャストのみの シチュエーションコメディです

どの点においても平均点の一幕ものでした
でも 個人的にはちょっとだけ物足りない感じ
三谷作品に 私が期待し過ぎているせいかもしれません

今回の目玉キャスト 片岡愛之助さん
まずは その歌舞伎の発声が気になってしまいました
声がよく通り 何を言っているのかよくわかるけど 
平坦で起伏の少ない台詞になっていて
こういうコメディには 多少の違和感がでてきます
動きもスピード感がなく というか歌舞伎のテンポの動きなんだよなぁ
ヒロインの優香さんも とても素敵なんだけど 
コメディを精一杯やっている感があって
台詞や動きの「間」がイマイチ埋めきれていない
そこら辺のすき間を 藤井隆さんが埋めてきて 
さすがに お笑いの舞台を数多く踏んでいる人は違う と思えました
こういう少人数の台詞劇は 脚本だけでなく 
役者個人の力量も 露になってしまう物なんだなぁと実感した次第です
四人目のキャスト 迫田孝也さん
似合わない金髪といい 妙に良い味を出していました

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mimi2mimimi3.blog70.fc2.com/tb.php/3258-9bf1f9bc
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。