プロフィール

mimi2

Author:mimi2
毎日針を持たぬ日はない 縫い物好き 
近頃はドールのコスチュームが中心
あ、舞台と音楽も大好き(HR歴30年!)

吉祥寺在住

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

お針コ日記

お針コ日記
縫い物好きの 徒然なる日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尺には尺を 於 あうるすぽっと
20140220192658a4d.jpg

文学座公演 尺には尺を 私この作品は初見です
シンプルながら美術が秀逸です 美術/乘峯雅寛さん
文学座の芝居の美術は いつもレベルが高くて大好き♪

オープニングの 無言の登場のしかたが
これから始まる芝居の中の人間関係を 分かり易くしてくれていて効果的
今回の鵜山 仁演出は 非常にシンプルで理解しやすかったです
主題は立派(に一見見える)人物が
権力を手にした途端 その魔の手にいとも簡単にとらえられて行く様
時代も社会の状況も 現代とはとても違うのに
そこら辺の登場人物の普遍性は さすがシェークスピアです
結構とんでもない筋書きなのに 有り得ない、とは思えないし
本筋以外の 言葉遊びの中にも
思わずそうだよなーと 思わせてしまうところも多いし

この芝居も 観客には事情を全て明らかにして 
登場人物達はそれがわからず右往左往するという 
シェークスピアのいつものパターン

さすが文学座、台詞の聞き取り易さは安心して観てられます
マリアナ役の吉野実紗さん 聞き覚えのある台詞回しと思ったら
やっぱり シェイクスピアシアターの客演で
何回か拝見していました
台詞の隅々まで 分かり易くクリアなので 話がよくわかります

今回 ひとつ気になったのは 衣装のこと
暴君になっていくアンジェロが着ているのは
どう見てもナチスの親衛隊風 
ちょっと表現があざとすぎると思います
衣装の、というよりは 演出の指示でしょうが。


さぁて 今年の文学座シェイクスピア祭り(?)何本観られるかな?

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mimi2mimimi3.blog70.fc2.com/tb.php/3202-b94d8cc5
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。