FC2ブログ
プロフィール

mimi2

Author:mimi2
毎日針を持たぬ日はない 縫い物好き 
近頃はドールのコスチュームが中心
あ、舞台と音楽も大好き(HR歴30年!)

吉祥寺在住

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

お針コ日記

お針コ日記
縫い物好きの 徒然なる日常
二流小説家 シリアリスト


シンディのファンでいて嬉しいことの一つに 彼の出演をきっかけに 
今まで興味を持たなかったジャンルの良い作品にめぐり合えることがあります
一応ミステリーのカテゴリーに入る映画ですが
謎解きは表現の手段あり 人間を描いたとても面白い映画でした
「面白い」とは言っても けして気持ちが弾むようなタイプのものではありませんが

なぜか観ててスウィニー・トッド思い出しました
殺人だの死体だの その他色々陰惨なモチーフが 山と出てきますが
描いているのは 結局は「人間のドラマ」です
日本の映画 面白い!
ちょっと 皆さんにオススメしたい映画です
なんか 細かいところを見逃した気がして 私もリピートしたいです
原作も読みたいな

上映後の舞台挨拶は 上川さんと二人で登場
先に挨拶のあった有楽町では マスコミも入ったし 上映前の登場だったので
どこまで 内容を話してよいか考えて、と言うお話でしたが
バルトのほうは マスコミ無しでしたし 上映後でしたし
結構演技について 突っ込んだ話も聞けました
役者さんの演技プランの立て方なんて 普段あまり縁が無いですし。
死刑囚の役を構築するために 性別を超えて「ドラゴン・タトゥーの女」を
ビジュアルのシンボリックな点などを 参考にしたとか
面会室の中でのシーン 最後の方はこういう気持ちで こう表したとか
二人の台詞のかぶってる意味とか
挨拶の最後に 自分の役者としてもキャリアの中でも
一つ新たに大きな物になる役だとか
(私の意訳 かなり入ってます 言葉使いはちょっと違います)

ちなみに 最初の登場のシーンの紫のセーターは 
色の指定は監督ですが 服はシンディの私物だそうです

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

■ この記事に対するコメント

お久しぶりです。私もバルト9で観てきました!
上川さんとシンディの場面は本当に見応えがありましたね。
シンディって女性だったらリスベットにぴったり・・なんて思ったり。
【2013/06/16 10:20】 URL | はっぱ #- [ + 編集 +]

はっぱさま
こんにちはー あらあなたもいらっしゃったんだ♪
こんな映画にキャスティングされる俳優のファンだと言うのは
なかなか嬉しいことだと思いました ホント
【2013/06/16 19:51】 URL | mimi2 #VwWRwSIk [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mimi2mimimi3.blog70.fc2.com/tb.php/2868-a241daa4
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)