プロフィール

mimi2

Author:mimi2
毎日針を持たぬ日はない 縫い物好き 
近頃はドールのコスチュームが中心
あ、舞台と音楽も大好き(HR歴30年!)

吉祥寺在住

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

お針コ日記

お針コ日記
縫い物好きの 徒然なる日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衣装を作ろ♪
アンダードレスを試作し スカートの広がりを直します
上に重ねるチュールの分量を確認します

トップス部分は アシンメトリーなステキな雰囲気でした

スカートを縫って 合体♪
20150731195403908.jpg


スポンサーサイト
トゥーシューズ完成
さて 続き
バレエの靴は つま先の分だけ長くなるので
ちょっと 足先を接着剤で盛って

はい 完成 ま、雰囲気だけってことで

トロイラスとクレシダ 於 世田谷パブリックシアター

舞台を急傾斜の階段で後方半分囲い
随分狭く使っています。

問題劇ともいわれるこの作品
今回 「世田谷パブリックシアター+文学座+兵庫県立芸術文化センター」
と名付けられていますが
確かに 文学座の芝居という感が強かったです
浦井王子をメインに持ってきてはいますが
文学座の芝居ですね
横田さんといい 今井さんといい 江守さんといい…
彼らと並ぶと 浦井さんのセリフが少々聞き取りにくいのが気になります
でも動きのキレは良いし 感情表現も豊かだし 悪くはないんですけどね
それから ソニンさん やっぱり抜群に上手いわー

なんか シェイクスピアにしては
やりきれないって感じもするストーリーです
執筆されたのは ハムレットとリア王の間のらしいのですが
こういう 不条理の多い 勧善懲悪・起承転結のないものを
その時期にシェイクスピアが書いてるというのは
また 興味深いです

鵜山演出 うまくわかりやすくまとめてあったともいます
後ろの席のオジサン途中で2回も大いびきかいてたけどネ

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

エリザ ライブ盤 でるんだって~♪
東宝のTwitterに こんなニュースが!
エリザベート2015年版キャスト全曲収録ライヴ盤CD 発売決定
予約 すでに始まってます 
帝劇で予約すると送料無料の特典付きだそうなので
私は 来月行ったときに 予約してきます
わ~い

ホントにやるんだー
チラシ貰いました
20150729190830724.jpg

えー ひょっこりひょうたん島 ホントにやるんですね
いくら 井上ひさし作品だと言っても
なんでこれなのか そこんとこ演出家に
ちょと聞いてみたくなりますが
演出 串田さんなのね
個人的に相性悪いから やっぱりパスかな
トゥシューズを作ろう
ビニールのボール 白いところを切り取って


試しに ドールの足に貼り付けてみる
太さも 色もこんなところね♪

靴の本体をかぶせて 要らないところは切り取り
こちらも最終的には 貼り付けてしまいます

増えたり 減ったり
一時は何店舗あったんだろう吉祥寺に
はらドーナッツ 
3つ?4つ?
駅ビル内のカフェも閉まったそうで
今は1つだけかな
どういう営業方針だったんだか

美味しいし しつこくなくってリピートしやすいのよね
どーやって作ろう?
今回の最初の課題は トゥーシューズ
どーやって作ろうか?
こんな図を前に 考えた挙げ句

1ミリ幅のサテンリボンは 売ってないと諦めて
100均で 買ってきたのがこれ

たぶん どっちかが使える予感がする

明日に続く
買わざるを得ない です
エピソード編の第2巻 出てました~♪

第1巻の時より 池田せんせ 画力が戻ってます

本編が連載中だった時 一緒に週マをワイワイ言いながら読んでた同級生
きっと 日本のどっかで 彼女達もこれを買ってるような気がします
夏祭り

昼過ぎ 雷が鳴り どっと降りましたが 短時間で上がったようで
無事 夏祭り進行中
これから 吉祥寺のあっちこっちで 祭りと盆踊りが続きます

マクベス 於 PARCO劇場

佐々木蔵之介さんの一人芝居 マクベス
いくらシェイクスピア作品の中では 短めとはいえ
一人でやっちゃうなんて 興味シンシンで観に来ました

セットは現代の病院 白いタイル貼りの壁に白いパイプベッド
正面奥の高いところに 閉め殺しの大きな窓
つまりは精神病院の閉鎖病棟をイメージさせています
窓の赤いカーテンだけが 鮮やかな色味です
1幕 休憩無しの115分

精神を病んだ男が 病室内で 1人マクベスを演じる
いや 1人でマクベスの世界に生きる という構成です

幕開き 照明がつくと舞台にまず3人居るのにびっくり
あれ?1人芝居じゃなかったけ?とびっくりさせ
芝居が進むうちに 後の2人は殆どセリフもなく 装置の一部のような感じで
新鮮な構成を見せるといった趣向
で、台詞は松岡和子訳のマクベスです
人数の関係もあり カットは多めですが 展開はオーソドックスな流れ
脚本はそのまま 演出で新しい切り口を見せたマクベスでした
ただ 装置転換もなく ほぼ1人芝居で2時間休憩なしは
ちょっと 単調になりがちでした

佐々木蔵之介さん 圧倒的な演技力です
単調な舞台の流れを 力技で持っていく感じで流石でした
役者さんにとっては とても過酷な演出だったと思います
なかなか これができる人はいないだろうなぁと思います

以下 余談
■ 続きを読む。 ■

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

アクセサリーにはできない
何の事はない 時計のハナシなんですけどね
腕時計を1つ持ってますが 安価な実用一点張りのものです
腕時計をアクセサリーになさる方も多いようですが
私の時計は飾りにはならないものばかり 部屋にある置時計も こんなのです


無印の「公園の時計 ミニ」
「待望の実写化」!?
シンディのファン 止めたわけじゃないんですが
クリエで上演中の「ソング・ライターズ」パスしてます
他に 観たいシェイクスピア作品が いっぱいあったし
この作品のにおける彼の役柄とか 演出家とか
個人的に・・・だったので (えぇ超個人的な好みの問題です

舞台も増えてきたけど シンディってホントに不思議なアクターです
先日の「逃走中」でも さしたる華々しい活躍もなく
でも 何気に存在感アピールしたりして

で、これはどーなのかと 

絶対そーでしょう 
この後 どんな展開が待っているのか …いないのか
7月28日ね
さて 始めます
ライムライトのテリードール
やっと始めます
材料 まだ足りないかな?


第199回「最長でどのくらいの時間を遅刻したことがありますか?」

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の山口です。今日のテーマは「最長でどのくらいの時間を遅刻したことがありますか?」です。私は昔からの友人と合う時は必ずと言って良いほど遅刻をします。そしてその友人も必ずと言って良いほど遅刻をします(笑)お互いが遅刻をすると分かっているので友達と揃う時間は待ち合わせ時間の2時間後くらいになっています(笑)私はその友達の時に最長で4時間位遅刻したことがあります逆...
FC2 トラックバックテーマ:「最長でどのくらいの時間を遅刻したことがありますか?」



遅刻? あまりしない方ですが
今までで 最高は・・・20分ぐらいかなぁ
基本的には 5分前には必ず居ようと思って
30分前には到着するパターンが多いです

待たせるより 待つ方が気が楽だもん♪
どっちも違う!
診断メーカー「あなたを漢字二文字で表します。
面白がってやってみたけど
mimi2 を入れると「美人」
本名を入れると「肥満」

どっちも全然違うがな
しょーがないんで ネタにしました
縫った~

来月のドールイベント準備も佳境に入り
日々ミシン踏んでます
…劇場通いの合間に
台風の余波で…
今晩 台風11号が上陸しそうなのは 四国なのに
関東地方でも 朝から豪雨が降ったりやんだりの繰り返し
変な生暖かい風も吹いてるし 嫌な天気です
なんて思いつつ 結局はジム行って ヒーヒーやってましたが。
ただ この春あたりから どうも膝の調子がイマイチ
運動もどこまで負荷かけて良いもんだか
ちょっと様子見です まぁ年には不足ないしねー

ライムライト 於 シアタークリエ

リピートしました
本日 東京公演千秋楽
前回観たのは 初日が開けてすぐでした
結構 変化がありました
芸達者が8人の舞台なので アドリブが多いこと 多いこと♪
そして 本筋の味わいも 随分深くなっているように感じました
初見でも 色々感じることの多い舞台ですが
台詞のあちこちに 素晴らしい含蓄があって
これは リピートして良かったと思いました
一見 地味な作品なんですけどね
小さな劇場で この先もずっと再演して欲しい舞台です

もちろん 今日のような 極上のキャストでね

■ 続きを読む。 ■
お気に入り
春に行ったフランス旅行での お土産 バターナイフです
柄がチーズになってて そこにネズミが付いてます
ナイフとしても 使いやすくて 毎日のように使ってます
黒パンに クリームチーズや ヨーグルト塗って食べるのが
近頃の定番朝食です

無札乗車証明書

昨日 秩父鉄道で 珍しい切符もらいました
硬券で無札乗車証明書って書いてあります

秩父鉄道は普段は乗降客はそれほど多い路線ではないので
観光客が集中する日には 切符売り場が行列になってしまい
本数の少ない電車が来たときに
「降りるときに精算してくださ~い」と 駅員さんがこれを配ってました
駅も雰囲気有るけど こういう対応も のどかで良いですね♪
長瀞ライン下り
東京の西半分に長年住んでいるし
西武線沿線にいた年月も長いんですが
今まで一度も行ったことのなかった 長瀞ライン下り 行ってきました

西武バス 西武新宿線 レッドアロー号(特急ちちぶ)秩父鉄道と 細かく乗り継いで
おぉ~ 結構レトロな舟 「船」じゃなくて「舟」ね

ライフジャケット着ると 暑い!
といって 着ない訳にもいかないし 今日の猛暑が悪いんだー

全部で40分ほどの行程でしたが 
流れの緩やかなところあり ちょっと激しいしぶきのかかるところあり
メリハリがあって 結構面白い体験でした
一度は行ってみるべきかと♪
カヌーに乗ってる人も多かったですね

最寄りの秩父鉄道の長瀞駅が これまたレトロでとってもステキでした

英語版
昨日 日暮里繊維街で 英語版のマップ見つけました
ちょっと前から 外国の人がいるなぁと思ってたけど
昨日行ったら また増えてました
こういうものが 必要なのね
検索ガイドブック という小冊子も見つけました
ここ 時々お店が変わるから 常時チェックしとかないと

日暮里繊維街 買い出し
夏のドールイベント用の資材が 足りなくなってきたこともあり
本日 日暮里繊維街へ買い出し
リュックに一杯 いや入りきれないほど
いろんな物を買いだしてきました
お針仲間の方とご一緒したので 布やら資材やら
いろんな裁縫話に花が咲き 楽しかったです

ただ 昨日までのシトシト雨模様とうって変わって
日差しはきついわ 気温は高いわ 急に真夏の気候です

さ~~て 買ってきた物 早速縫わなくっちゃ♪
白石ドン・ガバチョ!?
舞台化されるって話で こんなにびっくりしたのは近年珍しいです
だって「ひょっこりひょうたん島」ですよ

・・・そうかリアルタイムで知ってる人は アラカン だよな
ぴあの演劇ニュースで知ったんですが コレ
配役が良いんだか悪いんだか 衝撃的なんだか 笑
井上芳雄(ダンディ)  安蘭けい(サンデー先生) 山下リオ(博士役)、小松和重(テケ役)
山田真歩(プリン役) 内田紳一郎(ダンプ役) 小松政夫(トラヒゲ役と) 
白石加代子(ドン・ガバチョ役)らのキャストを発表

ドンガバチョが白石さんってのは どーなんでしょうか

ちなみに 私ひょっこりひょうたん島 大好きでした
白黒TVで見てました
■ 続きを読む。 ■
眩しい・・・
年に一回の 成人検診で眼科へ
検査のため 瞳孔が開きっぱなしになる目薬を差します
検査後 1時間ほど効果が続き 危ないから自転車には乗らないようにと
毎年言われます
そう「1時間ほど」のはずだったんですが
2時間たっても 眩しくて外を歩くのに不便です
なんか 毎年時間がかかるようになってきた気がして

・・・老化?
ドール始めるか♪
昨日観た ライムライトのテリードール
始めますか
衣装 たぶん3着だったと思うけど

この中のどれにしよう?

ライムライト 於 シアタークリエ

ポスター撮り忘れたので パンフ画像です
来週 もう一回行くので ポスター撮影はまたその時に。

オギーらしい作品です
ストーリーが最初よくわかんない 
でも魅せられて観ているうちにその世界にしっかり入り込んでしまっています
(ピンクスパイダー初演を思い出します)
何とも地味でしみじみとして 繊細な舞台です
大掛かりなセット移動なし 出演者少な目 怒涛の展開もなし
キャストの実力がなければ 成立しにくい作品かもしれません

でも キャスト実力派ぞろい
とっても味わい深い舞台になっていました
石丸さんって やっぱりすごいね
吉野圭吾・保坂知寿 のお二人が ちょこちょこいろんな役で登場とい贅沢さ
良知真次イケメンもいるし(ジャニーズjr→四季だそうで)
クラシックバレエを ガッツリ踊れる人も複数揃ってるし
あ、バレエと言えば すみ花ちゃん トゥシューズでバレエ踊っていて
なるほど 彼女がキャスティングされた訳だと思いました
お芝居が上手くて唄える若手女優で 舞台でバレエが踊れる人
そうは居ないですもの

ライムライト 映画版見た事なかったので
もっと単純な話かと思っていて 違いましたね~
良い舞台でした
正しい教室 wowowにて視聴
PARCO劇場にて 4月に上演された「正しい教室」

作・演出 蓬莱竜太
出演 井上芳雄 鈴木砂羽 前田亜季 高橋努 岩瀬亮 有川マコト 小島聖/近藤正臣

いかにも蓬莱さんらしい台詞劇です
たぶん 井上さんに あて書きした作品だと思いますが
良くできてるし キャストもいいんだけど
ちょっとだけ「予想通り」「予定調和」って感じがするのは
私だけなんだろうか?

ともかく ストレートプレイでも見せてくれる 井上さんに拍手!
この人は 数年後の進化が 良い意味で予想できない 
使い勝手はどうでしょう?
芝居の情報は 意外と劇場でもらうチラシから得ることが多いです
いつも 席に着くと チラシの束を 
「観る 観ない 悩む 飛びつく・・・」と せっせと分別しています

で 演劇チラシが網羅されて見られるアプリがあるらしい
思わず 食指が動きましたが
よく考えると どうでしょう?
劇場でもらうチラシって 同じジャンルだったり
同じキャストだったり 近くだったり
何かしら 上演作品と関連のあるものが多いんですが
これが 全作品のチラシが見られちゃったりすると
かえって多すぎで わけわかんなくなりそうで
今のところ 手を出さないでいます

使ってる人 います?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。