プロフィール

mimi2

Author:mimi2
毎日針を持たぬ日はない 縫い物好き 
近頃はドールのコスチュームが中心
あ、舞台と音楽も大好き(HR歴30年!)

吉祥寺在住

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

お針コ日記

お針コ日記
縫い物好きの 徒然なる日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突如 江ノ島
朝、録画してあったブラタモリ鎌倉編をみていたら
突如 行ったことのない 江の島に行こうという話になって
1時間半後には ココにいました 良い天気~
 
橋を徒歩で渡ります

お昼時 混んでくる前に まずは生シラス丼
生シラスがしっかりしていて 美味しいです♪

では 島の内部へ といてもエスカー乗りましたけど

シーキャンドルに登って おぉ絶景

と、ここまでは 天気がいいなとか お花がきれいとか言いながら
ほいほい動いてたんですが
江の島岩屋の方へ降りて行ったら 結構な階段です
こんな波打ち際にある 洞窟内の岩屋は 雰囲気もあり迫力~
でもって帰りの階段上りが結構きつかったです

(だから ココから急に画像が無くなる)
今まで 行ったことのなかった江の島
足回りもいいし いろんな楽しみ方のある観光地で
とても興味深かったです
スポンサーサイト
怪し過ぎる 笑
生協のチラシの商品
この写真も相当だけど
これ買って 近所で着て歩いたら
通報されそうなきがします
無駄にモデルが細くて美人~

キン シオタニさん

今年のコピスの夏の看板は キン シオタニさんのイラストなんですね
イラストレーター 兼 詩人 だそうです
井の頭公園で ポストカード売りしてたことから
きちじょうじとは縁が深く
私が彼の絵を知ったのは 
地元の本屋さん「ブックス ルーエ」のカバーのイラストです
なんか このゆるさが 吉祥寺っぽくて 好きだなぁ

第1971回「好きな匂いとは」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当の森です今日のテーマは「好きな匂いとは」です。私の好きな匂いといえば。。インコですかね。私以外にも時々おられるようですが、小鳥の背中あたりの匂いが好きです。昔セキセイインコを飼っていた頃、捕まえては鼻に押し当ててスーハーしてましたインコからしたら、いい迷惑だったでしょうけど。今は猫を飼っていまして、猫の後頭部あたりの匂いが好きです。背後から捕らえて、...
FC2 トラックバックテーマ:「好きな匂いとは」



いろんな好みが有るんですね
わたしなんか 単純に果物のにおいです
特に 洋ナシとラズベリー
リップクリームはフルーツフレーバーばかり 
駆込み女と駆出し男
洋裁資材の買い出しに新宿へ  
どっさり

に、かこつけて 映画見てきました
平日のお昼 結構な混雑
シニア世代も多く 男性も少なくなかったです

面白い映画じゃないですか
ストーリーとキャストと もちろん美術もアングルも良くて
とても質の高い かつ娯楽大作♪

近頃 イマサンの使われた方をしていたシンディ
映画だと こんなに良い役者っぷりなのに
あぁもったいない

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

ローゼンクランツとギルデンターンは死んだ 於 OFF OFF劇場

シェイクスピアのハムレットに登場する脇役二人の 
言わばスピンオフ作品です
トム・ストッパード作のジャンルとしては不条理演劇なんでしょうね

戯曲の形では 読んだ事があるけれど
演劇の形で観てみないと なんだかよくわかんないなぁと
下北まで来ました
基本不条理劇は苦手なんですが
ハムレットを より広く(深くではなく)楽しむには
良い観劇体験だったと思います

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

久し振りに 緊急地震速報
ケータイがギュイーンギュイーンと鳴る
緊急地震速報って 何回聞いても慣れません
昼過ぎ 久し振りに結構な揺れでした
警報が出る前に 揺れだしたので 震源は近いと思ってたけど
震源が埼玉北部で 震度5弱が出たのが茨城の土浦
食器棚の中が ガシャガシャいって ちょっと怖かったです
美味しいソーセージ
たまに ちょっと高くて美味しいソーセージが欲しい時には
南口 井の頭公園に続く道にある この店に行きます
ケーニッヒ 本店は小金井だそうです

ちゃんと こんな紙もつけてくれます


久し振りに 南口のほうに来たら 
新しいお店に 人が並んでいました
ここ 今度のぞいてみようっと


この コロッケ屋さん近くに こんな貼り紙の店舗が
ん?ここは・・・ また閉店セールやってるよ
確か 私が初めてこの店の閉店セールに来たのは
ウチのアラサー娘が 幼稚園だった頃
もう笑うしかないか 

フランス語
大学の第二外国語で1年間学びましたが
フランス語とのおつきあいは それっきりです
あ、いや 息子の幼稚園の同級生に 
フランス人のお母様が一人いらっしゃいましたが
彼女 一生懸命勉強して どんどん日本語が上手になったので
やっぱり フランス語は遠い存在でした

で、今回の旅行 えらいこっちゃでした
ツアーなら「こんにちわ」と「ありがとう」だけで十分ですが
全くの個人手配のため ナントカしなくちゃなりません
英語なら 多少 娘をあてにもできますが
こいつ 仏語力は全くのゼロだしなー
フランスって ホントに英語が見えてこない
いや ホテルのフロントや 観光客相手の店なら
こちらが英語でいえば 返してくれますが
交通機関の表示とか 店の値札や商品名とか
基本 仏語だけだもん

ただ3日目ぐらいから 20個ぐらいの語彙を駆使して
へーきでしゃべるようになってきました 私
切羽詰ると モノを言うのは「オバサン力」です
(えぇ 語学力ではアリマセン)
帰るころには パン屋でランチセットを注文してました
「サンドイッチは鳥ね デザートはエクレアで コーヒーじゃなくてお水頂戴」
などというらしきことを わめいてました
もちろん単語を並べただけ 過去も未来もないし 定冠詞はオールパス

ま、もともと英語力だって こんなもんだし
後は ボンジュー にっこり メルシー で 全てよし!

傍らの娘が 多少あきれていたような気もしないでもないですけど

 
 

後片付け中
昨日・今日と天気が良かったので
(昨日の朝は雷だったそうですが)
とにかく盛大に洗濯して スーツケースも片づけました
こういうのって 一日延ばしにすると
どんどん やる気が失せてしまうので

パリはとっても魅力的で
でも実際に歩いてみると 結構汚い町でした
そして 親子でマロニエで花粉症のくしゃみを しまくってきました
ただいまー
あー日本語だ
ボンジュー にっこりの国から 帰ってきました
遊び倒して ちょっとオツカレです
セーヌ川クルーズ
夕食後 船にのります
ぐるっと1時間ぐらい

雨の後で 窓に水滴 中は広め


アレクサンドル三世橋が 特に豪華

シテ島のノートルダム大聖堂を 下から見上げます
写真はイマイチ

下船したのが 21時半
やっと暗くなってきました

明日帰国します
よく歩いて 筋肉痛が…


結構 カジュアル?
レストラン入口

撮影なんかできない雰囲気かと思ってたら
子供連れもいて ワイワイガヤガヤ パシャパシャ 座席満ち満ち
けっこう カジュアルな雰囲気でした
でも お料理は しっかり手がかかっていて 美味しかったです
前菜
メインはチキン

デザートはショコラ系

エッフェル塔へ
夕食に出掛けます
エッフェル塔2階にある アラン・デュカスのレストラン という所へ
まだ陽のあるコンコルド広場のオベリスク

エッフェル塔のシルエット
こういう所のデザインが 100年前って感じです

レトロな2階建てエレベーターであがると
げっ 下がよく見える

おやつはエルメ?
夕方から 出掛ける予定があるので
午後は部屋でまったり
おやつ用にマカロンを買ってきました
こーんな豪華なこと 旅先でしかできない~

美味しい~ やっぱりエルメは 飛び抜けて美味しい~
一個一個 複雑に作られた味です
この サクッと感は多分空輸してる産地以外では味わえないかも

鍵 びっしり
サンジェルマンデプレ教会の脇を抜けると

セーヌ川です
ポンテザール橋には ホントに鍵が一杯

その先には 名前だけは知っている ポンヌフ

バスで 一度 ホテルに戻ります
本日の昼食は 相変わらず簡単に

サンジェルマンデプレ
午前中は パリの左岸をウロウロと。
市バス移動は 景色も楽しめます
事前にチェックしておいた お店をまわります

キッチン用品店とか


雑貨店とか

マカロンショップとか

因みに 此処はランボーの家だったらしい


バスは便利
パリ市内の移動は メトロより バスのほうが
使いやすく 便利だと思いました
外が見えるから 方向を見失わないし
メトロの通路のように 薄暗く人気がなかったりしないし

出発前に パリ市交通局のサイトと格闘し
必要な 路線図とバス停名を プリントアウトしておいたのが役立ちました

但し 帰り バス停で待っていたら 妙に来ない
停留場の電光掲示板を よく見たら
ナントカNON ナンチャラ とあって
もしかして 工事でここには今日は停まらないってこと?と
想像力と推理力を 動員し
ひとつ前のバス停まで 移動してみたら
本来のルートとは 違った方から 走ってきました
ホントに この国の交通システムは 予定通りには行かないのが
でもって それを全くアナウンスしないのが デフォのようです

マレ地区で買い物三昧
…したのは 入れ歯屋娘です

朝食無しの宿泊プランなので
今朝は 近くのパン屋さんpaulに 食べに出てみました

バターが あっさりしているのに コクがあって
また旨い♪

その後 JCBプラザで 帰りの空港バスのチケットを確保し
市バスに乗って 下町と言われる マレ地区へ
入れ歯屋娘が 調べ倒した古着屋さんをはしごしました





パリの古着屋 レベル高いです
物もとても良いし 価格も安い~

帰って 戦利品の山の図


何故 うどん?
ベルサイユ宮殿前のカフェで一休みしたあと
パリへもどりました
カフェの使い方も ようやく慣れてきました
モダンなシャンデリアが きれい


入れ歯屋娘が 和食が食べたいと言い出し
何故かパリで うどんを食べることに

これが コシがあって ダシが効いて
なかなか美味しかったです

グラントリアノンへ
事前に調べたときとは プチトランのルートが違ったんで
もうひとつの離宮 グラントリアノンへは歩きました
交通機関の アナウンス無しのこの手の変更は 
こちらでは日常茶飯事らしく 私も慣れてきました

グラントリアノンはナポレオンの家族の住まいだった頃の
家具調度が 再現されていました




王妃の村里
プチトリアノンの奥に 人工的に作られた農村の王妃の村里があります
曲がりくねった細い道を歩き数百メートルくらい
こちらも 近付かないと 見えないようにわざと作られていて
こういうの どこかで見たなと思ったら
あ、ディズニーランド
そう「王妃の村里」って テーマパークっぽいんです
王様が 自分の為だけに テーマパーク作っちゃったんだ~



回りには 鶏も山羊もロバも飼われています

森の奥まで
プチトランは 1人7,5ユーロ
15分ほどかけて ガタゴトと移動
乗り心地は… よく揺れます

トリアノンは ベルサイユ宮殿の本宮(?)からは 全く見えません

プチトリアノンは かわいい建物です
いかにも女性好み


2階のマリー・アントワネットの寝室の窓から 「愛の殿堂」がよく見えます

宮殿
今日は 朝からベルサイユです
一番の目的は プチトリアノンと王妃の村里です
ベルサイユ観光は定番コースですが
トリアノンにいこうと思うと
1日かかりますし 体力も必要です
まずは 早朝より出掛けます
今日も 朝からベルサイユは大変な人出でした

並んで入って 宮殿はざっと通り過ぎ
広大な庭園を走る プチトランへむかいます


パンが美味しい~
昼食はルーブル宮内のカフェマルリーに入ってみました
宮殿の中で食事出来るって言うのは
何だか感慨深いかも
ちょっと写真取れるふんいきじゃなかったですが

どれも美味しいけど
どこで食べても
パンが特に美味しいです
やっぱり小麦が違うんでしょうね
モードと織物美術館
パリ三日目
ルーブル宮殿 リシュリュー翼にある
装飾美術協会へ
ここは複合美術館で 私のお目当ては
モードと織物美術館です
行くときに 市内バスにも乗ってみました
…目当てのバス停が 何故か無くなっていて
工事中だったのか?
おおらかというか 良い加減というか
日本の交通システムに慣れていると アタフタします

今回は たぶんボタンをテーマにした展示だったと思いますが
並んでいる服の 仕立てのレベルの高さ!
さすが モードの国で 展示用に選ばれたものだと
ビックリ感激しながら見ていました
見応え有りました
ただ 作品保護のため 照明が暗く フラッシュ不可でしたが


ところでWi-Fi
今までは 海外パケ放題(とかって名前だったらしい)で通信してましたが
今回 Wi-Fi使ってます
でも ブログの更新はできても メールはダメでした
なんと「docomoID未設定」と出てしまって
IDは…うちのケータイメモ見ないと わかんない
まぁ 小さな一歩踏み出したってことで
パリは歩けます…が
昨日は ちょっと歩きすぎでした
パリ中心部は 山手線の内側ぐらいだそうで
私が動こうとしている辺りは 5キロぐらいの圏内なので
調子にのると 思わず徒歩で動いてしまうのですが
自分の歳を 忘れないようにしないと…

通り一本違うと 結構雰囲気ががらっと変わるのが
とても印象的でした
街歩きでも 買い物でも
周囲に気を配って歩いてるので
精神的にもくたびれやすいです
パリで有名な「署名求めるふり詐偽」にも
声かけられてますし

でも 魅力的な街並みだし 買い物も楽しいしやっぱり素敵なところです
街歩きと買い物
1時間ほどで オペラ座見学を終えたあと
昼食は ラファイエットデパートの6階
フードコートのレストラン

エッフェル塔も見える 眺望の良いところ

その後オペラ地区を街歩き

メトロの入口 アールヌーボーです

美味しい ブリオッシュや総菜、スイーツもある
ストレールで 本日の夕食を購入
パッサージュヴィヴィエンヌ
ここに探しにいったお店は閉まっていたようで残念

本日の晩御飯


本日の戦利品

10キロくらい歩いたのかも 疲れた~
オペラ座見学
昨日は 夜にホテルに着いたので 寝るだけでした

明けて 旅二日目
まずは パレガルニエ オペラ座見学です

正面に向かって左の入り口にむかいます
はいってすぐに あの階段です

あまりの豪華さにビックリ
文字通り「パレ」つまり宮殿です

そういう部屋が 沢山

今日は客席にも入れました
シャガールの天井絵と かのシャンデリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。