FC2ブログ
プロフィール

mimi2

Author:mimi2
毎日針を持たぬ日はない 縫い物好き 
近頃はドールのコスチュームが中心
あ、舞台と音楽も大好き(HR歴30年!)

吉祥寺在住

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

お針コ日記

お針コ日記
縫い物好きの 徒然なる日常
ドナウ川ナイトクルーズ
外国で 女性が個人で夜間外出するのは
なかなか難しいので 今回オプションで
ナイトクルーズだけは申し込みました

夕食つきツアーなんですが
出てきたグヤーシュスープが不思議にスパイシー
馴染みのない香辛料が…
そのあとのロールキャベツも
酢漬けキャベツ ザワークラウトの上に
薄いキャベツ1枚にくるまれた
こちらもやたらスパイシーな豚挽き肉たっぷり
ハンガリーでの食べ物で 初めて苦手なのにであいました

クルーズ自体は1時間くらい
ライトアップも素晴らしく迫力たっぷり


但し やっぱりめちゃくちゃ寒い!
持ってきたホッカイロが初めて役立ちました
私のケータイでは この程度にしか撮れません
帰国後 娘のカメラ画像を張り直そうかな?


スポンサーサイト



クリスマスマーケットへ
博物館からまたまた地下鉄で
ジェットコースター風エスカレーターに 
手摺にしがみつくように乗って 移動して
ブダペストのメイン通り ヴァーツィ通りに
この時期行われているクリスマスマーケットへ。

ヨーロッパのクリスマスマーケットって
以前から興味があったんですよねー

色合いが やはり違います

素敵だな~

一番最後の画像は 季節の飾りかな?
クローブや シナモンスティックや
オレンジスライス、チェストナッツ 後なんだろう?
とても良い香りのものが 何種類も
吊るせるようになっていて 店頭に並んでました


民族学博物館へ
今度はトラムで移動 トラム大好き~~♪

中は結構狭いですが 本数が多く走ってて便利です
中央市場から博物館へはドナウ川沿いの路線で
景色もとてもきれいです

是非訪ねたかった民族学博物館へ

博物館近辺は大々的に工事中で
トラム路線も手前で終わっています
工事のとき 路線を止めてしまうんだーと
東京じゃ考えられないと 娘が驚いていました

工事現場のなかをうろうろして やっと到着
ここは中欧の民族衣装が かなり数多く
多分 此処200年くらいの物が 実物展示されています
刺繍のレベルも素晴らしく眼福でした~
有料ですが写真取り放題


ブダペスト中央市場
中央市場の建物に入ってみました
中はとにかく広いです

縦にも広く(地下もあるそうです)

一階は野菜や加工肉

二階は土産物と軽食

地元のものを食べてみたかったんですが
意思の疎通の不備で こんな昼食に…超シンプル
ただ パンもソーセージも美味しいです
多分小麦からして 美味しいんだと思います
ハンガリーって食べ物の美味しいところだな♪


地元の買い物の人と 観光客が入り乱れてます
パプリカの粉を買ってみました


外国の乗り物は…
王宮の丘を降り 対岸のペスト地区へ

聖イシュトバーン大聖堂の横を通り


地下鉄に乗ります
まず窓口で 一日共通乗車券を買います
有人窓口で「ワンデイチケット!」で通じました
使用開始時間を 手書きで入れてくれます
moblog_fa9542c0.jpg
そして ホームへと下るのですが
このエレベーターがすごく長くて急で
とにかく速い!びっくりしました
オーバーに言うと 飛び乗る感覚で かなり怖いです
手すりにしがみついていたので 写真も撮れません
地下鉄も市内のバスも 運転がダイナミック
日本の交通機関って 本当に静かで丁寧なんだな~

着いたのは中央市場
…これが市場?




王宮へ
教会から 王宮の丘を歩いて
大統領官邸経由で隣の王宮の庭へ

伝説の鳥トゥルルの像 だそうです

今は美術館になっていて 只今シャガール展開催中

中庭には サヴォイア公オイゲン像
対トルコ戦の指導者だそうです 彼はフランス人ですが。


この一連の建物は この王宮の丘と呼ばれる所に集まっていて
各時代の王宮も様々に有ったため すぐ脇では遺跡も発掘中です


色んな側面が
土地柄此処には色んな文明の特徴がみられるそうです

オスマントルコ占領時のオリエンタルな図柄

いかにもヨーロッパという壁画

ステンドグラスの薔薇窓
この薔薇窓、第二次世界大戦時
建物は 爆撃で大きく破壊されたそうですが
その前に 取り外され地下に避難させたので
オリジナルが残ったとか


此処では…
また市内観光に戻ります
漁夫の砦隣 マチューシャ教会です

数々のハンガリー国王が 戴冠式を行った所
最後にここで戴冠したのが フランツ・ヨーゼフ一世とエリザベート
 
教会の正面入口上に リストも演奏したことのあるオルガン

反対側の正面祭壇に 聖母がまつられ

その祭壇に向かって左側が
エリザベート専用のバルコニーだったそうです
今パイプオルガンのあるところです

画像の階段を 彼女も上がったんでしょうか

今は彼女の彫像があるばかりですが


ツアーならでは
赤いハリネズミの看板は お土産屋さん
ここに早速入るとは ツアーならではですね


マチューシャ教会前の通りを東に50㍍くらい歩いたところにありました
お店のディスプレイが 中欧っぽく感じます
思ってたよりも 刺繍製品の質が良かったです
ブダペスト二日目
昨日は 夜景を鑑賞しつつ 宿に到着しただけなので
二日目と言っても ブダペスト観光ほぼ初日です

白い漁夫の砦には マジャールの部族の像が並んでいます


ドナウ川にかかる鎖橋も よく見えてました
(画像ではちょっとわかりにくいけど)

この国の初代国王 イシュトバーン一世像も
威風堂々とそびえています