プロフィール

mimi2

Author:mimi2
毎日針を持たぬ日はない 縫い物好き 
近頃はドールのコスチュームが中心
あ、舞台と音楽も大好き(HR歴30年!)

吉祥寺在住

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

お針コ日記

お針コ日記
縫い物好きの 徒然なる日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理系の人々 2
moblog_3ae27ddc.jpg
うわっひどい色に 写っちゃった 
本当はキレイな緑の蛍光色です 

出たばかりで 早速買って来ました
ページのあちこちに ウチの物理息子が一杯~
このマンガ、よく見てみると
とってもシンプルな絵なんだけど
何気に かなり上手いです

一読した息子の感想は
面白いけど なんかちょっと腹が立つ

それって あたしんちを読んだ 母の感想とおんなじだワ
普段 見ないフリしてる現実まで ここに有るって感じなので

あ、作品冒頭の 作者のギモン
「何故 物理学者が白衣を着てるのか?」ですが
物理屋 曰く
単なるかっこつけ だそうです~

スポンサーサイト
定年ゴジラ NHK教育TVにて視聴
3/26に NHK教育の「劇場への招待」で放送されたもの
昨年11月紀伊國屋サザンシアターで初演されたそうです


私は舞台の 暗転 が嫌いです

幕を下ろして トンテンカンテンして装置を組みなおしていた
昔の歌舞伎じゃあるまいに
場面を スムーズに変換させるのも 演出の技量だと思っています
で、この作品は とっても暗転が多くて
その間 音楽が流れるだけで 幕前の芝居なんかも全然無くって…

でも それが全く無駄な時間になっていなくて
「暗転」自体をも芝居の流れに 組み込んでしまっていました
定年を迎えた主人公の ゆったりとした日常の時間の流れを表し
彼の心情に 観客が寄り添う時間が この暗転で作られていました
暗い中に流れる曲も 良い効果を上げています
こういうやり方もあるのか、と 目から鱗でした
演出は 西川信廣さん これは以後注目しなくては♪

舞台には いろんな種類の物があって
どれも興味深いんだけれど
この 定年ゴジラは 多分 現在の文学座ならではの作品
ニュータウンに住み 定年を迎えた元サラリーマンの物語
大きな事件が 起こるわけでなし
でも 登場人物のそれぞれには それぞれの人生があって
同じ世代の人には 小さな事柄が 
もう 泣きたくなるほど共感できるお芝居です
そして 登場人物の人生と 日本の戦後の時代背景が重なっていて

若い世代の為のもの 夢見るおばさんの為のもの… 
いろんな観客の為の舞台があるけれど
おじさん達が 共感して楽しめる作品だって あるんだー!と
優しく しみじみと訴えているような芝居でした♪

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

100周年
先日 お使いで銀座に行って ここに寄り道

大丸松坂屋×不二家コラボレーションイベント
不二家創業100周年記念ペコちゃんギャラリー

銀座松坂屋でやってました
私 百年(?)くらい前に 銀座でOLやってましたんで
なじみの場所です 随分変わったけど

moblog_c2eac2cf.jpg
歴代のペコちゃんが ずら~り
moblog_cd099c39.jpg
いぃなぁ ペコちゃんの衣裳 縫いたいっ
moblog_56ed318b.jpg
お土産は 桜風味のペコちゃんマカロン
マカロンって 作り手の 腕と手間の結晶のようなお菓子ですよね

主婦的大NEWS
明後日LONLONの1階が閉まるけど 
肉屋と八百屋は2階で 4月からも仮営業するそうです
(ニュースソースは八百屋のおじちゃんと 肉屋のおばちゃん)

必要な人には 大NEWS! 
それ以外の人には なんのこっちゃ?NEWS 

吉祥寺LONLONって 駅ビルでありながら 
地元では日々食材を購入するスーパーの役割も果たしていて
三浦屋 伊勢丹の閉店に加え ここの生鮮食料品売り場がなくなると
明日から○○と△△は どこに買いに行けばいいの!? 状態になるので
4/1からオープンする LONLON改め アトレ2階に
野菜のフレッシュオーワダと ミートセンターニュークイックが
仮とはいえ 出てくれるのは 助かります

この2店 こういう名前だったんだ 忘れてた

シャングリラー水之城ー 於 日本青年館
moblog_026fe4df.jpg
アニメだ ゲームだと あちこちで話題になっていた世界観
まずは それを確かめようとやってきました
ホントだ アニメだわ この作品
いやそれはそれで良いんです
アニメやゲームの世界が 3次元化できるのも 宝塚の魅力

装置が効果的です そういえば 青年館はいつもいい
それだけ大劇場サイズの舞台装置って 難しいって事なんだろうな

作・演出は 小柳奈穂子さん
言わんとするところは 解るけど 無駄なところが沢山
芝居の進みが遅く とにかく暗転が多すぎます
前進座じゃないんだから
時間経過と 舞台上の空間処理が上手くいっていないんだと思います

ユーヒさんは ひたすら美しくかっこいい
もちろん ビジュアルだけの人ではないけれど
彼(?)のビジュアルは それだけで 破壊的なパワーがあります
ののすみちゃんは台詞に 感情が入って
たった一言で 場面の空気を変えてしまいます

照明と音が きれいにコラボってるのは 素敵でした
あと オープニングとラストののダンスシーンに 
ピアノジャックの音楽がたっぷり使われていて とっても新鮮でした
ダンスに 良くあう曲なのにビックリ
惜しむらくは 作品の中でも もう少し使われたほうが 統一感が出て良かったと

一番感じたのは 最初に このストーリーの大前提
「第三次世界大戦の後 汚染された雨が降り
きれいな水が不足して 大問題になった」 というのを
パンフレットではなく 舞台上で はっきり表して欲しい
パンフを読まずに観る観客が 置いてけぼりになってます

とはいえ 面白かったし とってもキレイでした
数々の暗転をなくして 1幕ものにしたら もっと良かったかも



テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

やさしい色合い
moblog_febfce78.jpg
美大生の佐藤さんの二人展で sugers だそうです 可愛い♪
コレをオバチャンがやると ダジャレになって苦笑しか出ない

ブログトモダチのお嬢さんが 吉祥寺で展示会をなさると聞いて
いそいそ出かけて参りました
中道通りを三鷹方面に はらドーナツ向いの公園のちょっと手前
一軒家がギャラリーになっていて こじんまりと見やすい広さ

若いっていいナァと オバサンらしい感想を持ってしまいました
単に 年が若いというだけでなく
やさしい色合いなんだけれど 
なんだかとっても 生き生きとしているというか 
生命力があるというか
作品も 作者も

それに 自分が 普段シロート手芸の世界にいるもので
器用さはそこそこあっても 
色の取り合わせが 微妙に狂ってる物を見ることが多く
(作ることも多く)
ちゃんと 専門の勉強した人は
さすがに 色彩のバランスが良くてレベルが違うと♪


さくらさく~
moblog_2df55137.jpg
見事に 画像が曲がっています
CHA NO YU 茶の愉  にて
さくら咲くらという甘味のセットと 桜のお茶です
前から 行きたいとは思っていましたが ちょっぴり敷居が高く…
たまたま 今日休みの入れ歯屋娘と 
HANAKO吉祥寺特集号を持って入店
…全く 地元っぽくは無い行動です

ここのお茶 美味しいですねー♪
カレルチャペックの紅茶とは 趣が違いますが
これはこれで 大好きです
おみせのしつらえも豪華で テラス席には 大ぶりの桜の枝が
暖かくなったら 明日にも咲きそうな花芽が沢山

居心地も大変良く お値段ももちろんよく 素敵なところでした

テーマ:カフェ - ジャンル:グルメ

今度のドールは・・・
ご贔屓の 野々すみ花ちゃん
只今 シャングリラー水之城ー
梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演が終了し
週末より 今度は日本青年館公演です

いや この公演のポスターのカッコ良さったら♪
アニメがそのまま現実の人間になってます
ビジュアル系バンドのライブ会場にでも貼ったら
ファンが増えそうな気がします
ゆーひさんって 本当にきれいだわー 

恒例の ののすみドールは ルサンク待ち
プルミエールの画面で見たら やっぱりポスターとは
見た目がかなり 変化してました

でも もうその次の公演のポスターも出ていて
ジェンヌさん ホントに お忙しいのねー
ののすみドール目線(?)で言えば 
わっ また帽子だ (帽子難しい…)
そして とても手の込んだ 豪華な衣裳の予感
こっちも ルサンクが出ないと 実際の舞台の衣裳は ワカリマセンね

2体同時に 夏前に作ることになりそうです
春の・・・
道端の 菫も
moblog_a0cc7b89.jpg
近所の ソメイヨシノも
moblog_18f425b4.jpg

春ですね~

そういえば ウチの入れ歯屋娘は 4月半に生まれたんですが
お産で入院した時 まだ桜の花が残ってたのを思い出しました
井の頭公園の近くの産婦人科でしたので
夜中まで 花見の客がうるさかったのが 印象に残っています
やっぱり ここ数十年で 確実に気温上昇してますね


どっちやねん!
午前中は ツイッターと大格闘(?)で2時間もPCに張り付いていました
う~ん 少しはわかってきたのかな?
たまたま見つけたお知り合いに励まされたのが 大きかったです♪

で、タイトルの どっちやねんっ
近頃 物理息子がいたく気に入っている商品なんですが

辛そうで辛くない少し辛いラー油

私もどこかで 大評判という記事を読んで 買ってみたのですが
確かに 美味しいですし 今まで無かった商品です
ただ これがあると 
白いゴハンに このラー油をかけただけでかっこむバカが居て
栄養のバランスも何も あったもんじゃありません

どうやら大好評で 近所では軒並み品切れ わーいザマミロです♪

咲き初めし
枝が 高いところにあるので 見難い画像ですが
桜開花です♪ 
場所は 武蔵野八幡宮 日当たりの良いところにある 山桜なので
きっと早く開花したんだと思います
来週あたりが見ごろかな?

近頃 桜祭になっている むさしのさくらまつり 今年はいつだっけ?

moblog_46aea033.jpg

はみだしストって 知ってます?
私 はみだしストでした

今では 主にネットでお世話になっている ぴあですが
学生時代から 月刊だの 隔週刊だの 週刊だので(トシがわかる
ぴあ誌はずっと読んできました

ぴあ誌にはページの左右に 「はみだしYouとPia」と いう欄があり
20年位前から 私もネタを投稿するようになりまして
15年くらい続けたかナァ~?
現在のWeeklyぴあには もうこういう欄はありませんよね

ふと思いついて投稿した 一番最初のネタが掲載されたのに味をしめ
せっせと葉書を送るようになりました
ネットの無かった時代ですから 自分の文章が活字になるのは
たとえ1行でも なかなか楽しい気分でした
まぁ沢山送っても 載るのは月に1本ぐらいでしたけど
そのころの常連さん「クサヲヒロコ」さんとか「トヨタオート車両部 横浜」さんだとか
いつも 楽しく読ませていただいてました

このはみだしを書く人のことを はみだしストと 言いました
今 ネットで見てみたら はみ出しの総集編が 昔出版されてたんですね
掲載されている物が 私の書き出した時期より前なのが 
今となっては ちょっと残念かな

物を書くのは 昔から好きでした
でもって 才能が無いのも 残念ながら よ~くわかってましたネ
花子さん めっけ!
moblog_4be9d8d0.jpg

2009とありますが ここは先日まで工事してたし場所だし
設置されたのは 昨年末かな?
私は 今日気がつきました
最初 マンホールの蓋かと思いましたが 
歩道の敷石の一種とでも 言うべきか 
それにしても リアルな象さん 
お顔のまわりの花は 井の頭公園の桜でしょうか?

さぁアナタも吉祥寺に来たら これがどこにあるか探してみよう


桜の季節の
moblog_b8420729.jpg
ここ数年(かな?) 桜の季節の定番は この吉祥寺特集
いやもうこの街は 移り変わりが激しくって
こうして 定期的にお勉強しないと ついてゆけません
今回も 知らないお店が た~くさん
こんなとこ あったっけーと 地図とにらめっこです

宴の後
moblog_9fa2dbd5.jpg
3日前に閉店した 伊勢丹吉祥寺店の入り口
わかってはいたけど ほんとに閉まっちゃってるーと実感です
アフターサービスをするところは有るそうです 案内板が出てました

伊勢丹の一部のような感じになっていた 隣のF&Fビルは
派手に 大々的に 
こっちはやってます!と 大アピール中
F&Fビルに入ってる リラクゼーションサロンのティヨール
お世話になってます 個人的にオススメです
なう?
とりあえず入ってみたツイッター
知っている人を見つけて その方の書き込みを追ってみたら
なんだか楽しいです
ふ~~ん こうやって使うのか
でも 自分ではまだ殆ど書き込みしてません
ブログとツイッターと 両方は時間的に無理かも
私は 当分このぶろぐをメインにやってみます

ところで なうって何?
どうも まだそこら辺から わかって無い様で…
トートがイチバン♪
昨日の 京都駆け抜け日帰り旅
実は 帰りに 一ヶ所だけ 予定外に寄れました
宅配便の搬出や、バス・電車が思いの外 どれもこれもスムーズに行き
帰りの新幹線まで 20分強の空き時間ができたので

以前から 一度実店舗に行ってみたいと思っていた 帆布鞄 伊兵衛Ihee
手拭いや 帆布鞄の店です こちらは烏丸御池駅近くの本店
moblog_afb4095b.jpg

moblog_8d290235.jpg

ここの ネットショップにあるバッグが かなり好みのものばかりな上
社長のブログが ちょっと変わっていて 面白いです
本物の祇園の芸妓さんも ちょくちょく登場されてます!
そういえば 以前の記事に彼女(登場の芸妓さん)のお姉さんは
宝塚花組の愛音さんという話が 出てきたこともありました

もうすぐ東京駅に 支店ができるそうなので
手拭いハンカチなどの小物は そちらで見ることにして
二階のバッグ売場に直行しました なにせ買い物時間10分のみ
前から気になっていたこの竹柄を購入してきました
ショルダートートです
moblog_4036794a.jpg

こういう地色と同じ色のプリントのって
実物を見ないと よくわかんないんですよねー
細部まで しっかり良く出来ていました
お店の方に こちら、最初は
染め物屋さんだったそうですがと 聞いてみたところ
オダノブナガのナニやらを染めた とかって話が出てきて
やっぱり京都だわ~と思いました

高速日帰り
本日 京都のドールイベント参加で
往復N700系の日帰りでした 乗り心地は なかなか 

せっかくの春の京都でしたが 
駅を通過しただけなのは もったいなかったー
moblog_b8066f5c.jpg
いろんな方とお目にかかれて 楽しい一日ではありましたが

観られなかった舞台
いくら観劇スキーでも 観た舞台・コンサートよりは 
観られなかった舞台のほうが 絶対に多いわけで
(興味無くて 観たくない舞台は 別にして)
ネットのおかげで その様子がすぐにわかるのは
大変ありがたいことです

安蘭さんのコンサート フランク&フレンズ・MITSUKO
なかなか良かったようで いけなかったのが残念
ただ 来年MITSUKOが舞台化されるらしく
これは是非行きたいものです

現在 上演中の 鹿賀丈史・市村正親 それぞれのコンサート
ミュージカルの曲 てんこ盛りの上に シンディ出演
日程が合わず 断念したんですが
詳細レポを読んだら 武田さん エリザの曲だけではなく
なんとJCSの「彼らの心は天国に」を歌ったとある
オープニングのユダのソロじゃないですか
あの 難しく印象的な曲を シンディが歌っただとーっ!

聴きたかったぁ…

JSCの中で 一番好きな曲なんだよなぁ・・・
ねこだらけ
吉祥寺界隈には 画廊だのイベントスペースだのが結構あります
どこも かなり小規模ですし
気軽~なところのほうが 圧倒的に多いです

気軽なので 通りすがりでもちょっと寄りやすくて
私は 結構気に入っています
一応 レジ袋から 長ネギがはみ出してるときは 遠慮します 

今日 ハモニカ横丁を通ったら 猫の看板があって
ついふらふらと 覗いてきたのが こういうところ
moblog_a8a5485a.jpg
横丁ギャラリーの「ねこだらけ展」
ホントに狭いところに なんだか可愛いねこがいるわいるわ… 笑
それにしても ここ「過去の展示」を見てみたら
ねこだの かえるだの うさぎだの 生き物モデル率高いようです

なんと 今度お友達のお嬢さんが やっぱり吉祥寺のギャラリーで
美大の同級生とご一緒に 布手仕事展をなさるとか
sugers
そういえば 宝塚ドールのしぃぷぅさんが
東京で個展をなさったのも ウチから歩ける距離のところでした

入りやすい規模のギャラリーが多いのも 街の規模にあっているからかな?

ちょうちょです
黄色い蝶々です♪
クロワッサンの店からやってきました
ずっと 気になっていた商品で 先日やっぱり試してみようと購入
税込み 473円
moblog_b9eb9101.jpg
どう使うかというと 熱くなったお皿を持つ物
こんな風に~
moblog_f83531d4.jpg
鍋つかみを パッチワークで作るのは楽しいけれど
実用的には ちょっと持ちにくかったりするし
食器なら このくらいの大きさの方が 持ちやすかったです
moblog_5695dc25.jpg
マグネット付きなので オーブンレンジのすぐそばに 置いておけます
気に入ったので もう一個 買ってきました

正しい紹介記事は コチラ
さくら さくら
moblog_3395afd3.jpg
今年は いつも以上に 桜モチーフの美味しいものが
沢山 出ているような 気がします
見ていても とても綺麗で良いのだけれど
桜の花の塩漬けの印象が強いせいか
先日 買った桜紅茶も お菓子も
ちょっと塩味のきつさが気になります
ここら辺のバランスは微妙で 難しいな

雪が またまた降っている
雨が降るとの 天気予報はありましたが
やけに寒いと思ったら
なんと雪が降ってます
それも 霙だったのが ホントに雪になってきて

それでなくても 歯医者の日で テンション低いのに…

そういえば 英語を習ってる方のブログにあった話ですが
(はい Yさんアナタです リンク貼って良い?)
ネイティブの英語の先生が 
日本で テンションがあがる… と言われるのを よく聞いて
日本人では 高血圧が そんなに多いのかと 思ったとか思わないとか
記事を読んで 大笑いさせていただきました
旗 はた・・・
ふと気が付くと サンロード商店街のアーケードに
派手な旗が ずらっと並んでいました
moblog_3bb2d056.jpg moblog_125d83ab.jpg
 
吉祥寺かぶき祭・・・って何?
公式HPが有りました
今度の日曜日に ライブはあるわ 太夫は練り歩くわ
これは賑やかしい

でも吉祥寺って サブカルチャーが根付いているわりに
かぶいてはいないのよね~
あ、それに その日は私 ドールイベントで京都だった 見れないじゃん

新エリザキャスト
やっと発表になりましたね
今夏の帝劇エリザベートキャスト

シンディがトートを外れるのは
既に 8月の銀河劇場出演が発表になっていたから 予想はできました
彼にとっては 必然の結果かもしれません

「エリザベート」という作品にとっても
ミュージカル未経験者が 全く新しいトート像を 作り上げ
技術的に足りないところは 有るにせよ
斬新な魅力を 強いインパクトで与えたという 大きな功績が あったと思います
また シンディにとっても
新しい分野で ブレイクしたという 大きな収穫が有りました
彼は 山祐閣下のように 一つところを追及するのではなく
新しいチャレンジを続けていく意向なようなので
武田トートファンとしては 淋しさもあるけれど
充分 受け入れられる結果です

今回のキャストで 一番驚いたのは
やはり 城田トートでしょう
でも こういうサプライズは 大歓迎
どんなトート像を作り上げてくれるか 見当もつかないけど
余り不安感は有りません
2007年の 彼にとっての初ミュージカル スウィニートッドでは
歌も芝居も ある程度の成果を見せてくれていましたから

石丸トートは 勿論 かなりレベルの高いものを見せてくれるだろうけど
意外性とインパクトに かけるかな
このトートいう役は かなり自由度が高く
役者個人の 個性・魅力を全開にできるので
もっと いろんな人で観てみたいと思います

ルドルフの田代くんは いわば はまり過ぎキャスト 
芝居も出来るし 歌は かえって初演の井上くんよりも適しているかも

新ゾフィーの 杜さんも 期待大

でも でも 肝心の




■ 続きを読む。 ■
マクベス 於 世田谷パブリックシアター
moblog_1b6a117b.jpg

チケット取り扱い量の多いぴあさんが 
たまーに あててくれる 超良席 でした♪
センターブロック前から3列目でした
今回 舞台が丸く客席に張り出しているので 
センターブロックの1列目は有りません
座ってみると 半球状の 月のような 肉まんのような
大きなセットが 舞台前面の端まで 迫っていて すごい迫力です
舞台左右に 照明の仕込まれた盛り塩がありました

たった5人で、90分で、でもマクベスでした
話の枝葉は 相当刈り込んであるのに やっぱりマクベスでした
萬斎さんは 演出家としても 良いものを作ってくれます
もちろんアクターとしても♪

マクベスを観るときの 楽しみの一つに
マクベス夫人が どうとらえられているかってのが ありますが
今回の 秋山マクベス夫人は
一言で言えば どこにでも居そうな 女性でした
この役は凄い悪女だったり エキセントリックだったりもあるけれど
今回は あのくらい (王を殺せと夫を焚きつける)のことなら
私でも言うよなぁと うっかり思いそうになりました
そして 最後に心が壊れてしまう様子が しみじみ哀しいです

シェークスピアって ほんとやりようがいろいろあるなと思います
蜷川さんのように 原作に忠実にやったり
(でも 蜷川色は確実に出てるけど)
クドカンみたいに 好き放題 場面や筋を足してみたり
(こんなの有りかぁ?とビックリしたけど 有りでした)
萬斎版は かなりばっさり場面も人も 削ったり
(でもつぎはぎの印象は 全く無し 完成度高し)

どれも とても魅力的な作品に仕上がっていました
正に 古典の力って こう言うことなんだろうな

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

大根 ことこと・・・
昼から おでんの大根の下煮を始めました
下茹でしてから おだしで軽めに火を通して
一晩 置くと 味が良くしみるでしょう

はいっ 私がカレーとおでんを作るのは 観劇準備
明日は 世田谷パブリックシアターでマクベスです♪
野村萬斎さんも 秋山菜津子さんも 大好きな役者さんなので とても楽しみ

シェークスピアは いつも上演時間が長いから
夕飯の準備を 完璧にしておかないと 後が大変!
キッチンで 大騒ぎする羽目になります

で、さっき上演時間 見てみたら あれ?
休憩無しの90分 と 劇場ブログに出てました
(お願い もっとわかりやすいところに情報出して)

マクベスが90分! これは驚いた~
そういえば リチャード3世のときも 他のところより だいぶ短かったよな
[構成・演出] 野村萬斎 版の特徴かな?
内容は全く薄くなっていないので 観客としては 大歓迎です

じゃあ 帰りはちょっと遠回りになるけど
世田谷線に乗ってこようかな~

春は 名のみの
うぅ寒い 通販のカタログは すっかり半袖だけれど
見る気が おきません~

こちらもすっかり 春色の吉祥寺ECCO!!

moblog_547fbdb6.jpg
今回の特集は・・・ハモニカ横丁か
ここ ホントに小さな店舗がたくさんあって 私も良くわかりません
なにせ間口が両手を広げたぐらいのところもあるし~
それに 意外とお店が変わる
以前よく行っていた 八百屋さんももうないのよねー
moblog_1dfaa116.jpg

灯りを 点けましょ♪
moblog_0511802b.jpg
雛祭ということで こんな画像を撮ってみました
右上は 雛あられ 大玉だけなのは もちろん私の趣味
左下は 今晩のおひたし用の菜花
右下は 東急デパート地下にオープンしたルピシアの 桜の紅茶
(桜は 紅茶・緑茶・焙じ茶の3タイプあるそうです)
いずれも春の絵だな~

しかし 何年経っても 散らし寿司の錦糸玉子は 上手く焼けません
今日もどころか きしめんになってしまった

こっちは春とは関係ないけど 象の花子さんパン
耳の花が これは桜のような気もしないでもない
こないだ アンデルセンで見つけました
moblog_f60ed526.jpg

パワーダウン・・・
朝からずっと パワーダウンしてました

だってだって 昼から大嫌いな歯医者!
何度も書いてますが 何十年も前にたいへん痛い目に合い
それ以来 歯医者さん 相当苦手です

いや ここ数年は 治療中に痛かったことなんて 殆ど無いんですが
もう これはすりこみって言うんでしょうか
お産より 歯医者がいやだと言ったら
誰一人 同意してくれませんでした (そりゃそうだろうけど)

若い頃 どんなにステキな人が現れても
歯医者さんだったら 絶対結婚しないと 心に決めておりました
・・・もちろん そんな人はあらわれませんでした

今日治療したのは 数年前から繰り返し腫れていたところで
えぇ えぇ 記憶力の無い私が よーく覚えているのは
日生劇場で「スウィニートッド」を観劇中 痛い思いをしていたから
2007年からなんですね 
いい加減 大工事が必要と説得されました

歯科ギョーカイの隅っこに居る うちの入れ歯屋娘曰く
口をすすいで下さいと言われた時 治療台の背もたれが 上がるより前に
自分の腹筋で エイヤッと起き上がる人は まず歯医者嫌いだそうです

もちろん 私もやってます


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。