プロフィール

mimi2

Author:mimi2
毎日針を持たぬ日はない 縫い物好き 
近頃はドールのコスチュームが中心
あ、舞台と音楽も大好き(HR歴30年!)

吉祥寺在住

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

お針コ日記

お針コ日記
縫い物好きの 徒然なる日常
バンデラスと憂鬱な珈琲 wowowにて視聴
昨年9月に 世田谷パブリックシアターで上演された作品

私の「チケット取ろうか?レーダー」(?)には
引っかからなかったのですが せっかくの放送だから 観てみました

バンデラスと憂鬱な珈琲
楽しく笑わせてもらいました

これは 出演者の力量が 上手く合体した感じの芝居です
堤真一 ・高橋克実 ・小池栄子 ・村杉蝉之介 ・中村倫也
高橋由美子 ・段田安則 の7人で いろんな役を演じてます

どの人も 抜群に上手くて余裕があるくらいなんだけど
注目は 小池栄子さんかな?
彼女 まだ技術的なものは 豊かでは無いけれど
思い切りが良く 自分の出したいものが はっきりしていて
でもって 多分 かなり自分の芝居を 客観的に見られていると思います
これから 出演作に注目していきたい女優さんかも

ストーリー自体は 最初の設定が かなり強引だったかな?

この芝居も 美術が すっきり面白いなと思ってたら
松井るみさんでした
こちらも 要注目 それにしても どのくらい沢山仕事をしてるんだか

シネマとな?
舞台の映画化は なんといっても ゲキ×シネの実績がすごいと思いますが
それに刺激されたかは ともかく

宝塚歌劇も映画館にかかるらしい!
歌劇団のHPに こんな記事が

今までサヨナラショーの生中継を数箇所の映画館でと言うのがありましたが
こう来るとは 予想していませんでした
なんつったって 全国20館を越える映画館で
ちゃんとロードショーやるんだわ~

舞台の映像化では ビデオの時代から かなりの実績を持っていた宝塚
(他の舞台のとは 作品数も 販売数も飛びぬけているはず)
原作が人気の韓ドラとはいえ
これは 面白いことになりそうです
もしかしたら 宝塚の将来の 特色ある大きな柱になるのかも~

とにかく 映像の出来如何だな♪
ゲキ×シネが素晴らしいのは その映像のクオリティによるものだから


ある意味 ケタ違い
勧誘らしき電話がかかってきました

「誰でも資産運用に興味があると思いますが…」
      (私は無いけど~)
「今 とってもお得な商品をご紹介しています…」
      (ウルサイ~)
「100万円 預けていただければ ひとつきに2万5千円 利息がもらえるんですよ…」

思わず 計算してしまいました
元金 100万円で 利息がひと月に2万5千円と言うことは 
12を掛けて 1年で30万円の利息だから
 年利30パーセント!! 

サラ金の貸付利息じゃないんだから~~
あまりの数字にびっくりして 何も言わないでいたら

「ちょっと!聞いてますっ?」と 怒られてしまいました
でもって ウチは結構ですといった瞬間に ブチッと電話切られました

近頃は 勧誘の電話でも 受け答えちゃんとしているところが多いのですが
流石に 内容がコレでは 礼儀どころのハナシでは無いようで

利息が 月に2万5千円ではなく 25円なら ちょっと信じたかもしれませんが
(そしたら 銀行に預金するけどね)

そうだ そもそも元金の100万円が無いじゃん


「アイスの季節」とは言えない
本日 ウチの物理息子 26歳の誕生日です
(母親の私も 年を取るわけだ)
バースディケーキとか 要るの?と 一応聞いたら
31のアイスが食べたいと言い出しました
「背広のサラリーマンになったら お店に入れなくなった」そうで…
で、母が よっこらしょと買ってきたのがコレ↓
1264674700ed.jpg

そしたら さっきメールが入って
「アニメ映画の最終上映の回を見て帰るから 晩ゴハン要らない」

全部かーちゃんが食ってやろうか
とーふやさん
ダイヤ街に 新しくお豆腐屋さんが 開くようです
三代目茂蔵さん 開店準備中~
1264595858f7.jpg
近頃 お漬物屋さんとか 豆腐屋さんとか
昔ながらの専門店が また商店街に帰ってきてくれて
ユーザーとしては とっても嬉しい♪
もちろん お豆腐もだけど 
 中年 大人になってから大好きになった 湯葉も試してみなくっちゃ♪
でじゃぶ?
介護サービスって言うのを 月に数日使うことになり
見学に行ったり 説明を受けたり 契約したりの ここ数日
今日は 常用薬の確認や 送迎や 当日の持ち物の説明を受け…

な~んか デジャブな気分

こういうこと 以前やったような覚えがします
なんだっけ ナンだっけ
あ、 子供の入園準備と同じなんだ
とっても複雑な心境です

まだまだ続くよ カサブランカ♪
1回目の観劇では As Time Goes By の曲しか 頭に残らなかったのですが
2回目に観たら リックの歌も ラズロの歌も ルノー大尉の歌も
ちゃんと 脳内再生されています
いやぁ はまっちゃったかな?

ところでパンフレットの小池さんの文章読んで びっくりしたんですが
この 元になった映画「カサブランカ」
ある種 アメリカのプロパガンダ映画だとは 気が付かなかった~
そう言われれば 確かにそういう一面も ありますね
若い頃見た作品って どうも主人公の恋愛話にばかり目が行って
時代的・社会的背景に全然気が付いていなかったナァと
オバチャンは 今更ながら思うのであります
ウエストサイド物語だって 民族間の軋轢の面は 全く記憶に残ってなくて 
後から観た時 えっこんな話だったっけ?と思う始末

まぁその作品が 時代を経て 純粋に物語として名作になり
それを 小池さんが 見事に宝塚向きにアレンジして
私たちが きゃーきゃー言っていると言う構図になっていますが

2回目観劇では 衣裳もよ~く見て来ました♪
どの服も 素敵ですが デュエットダンスのドレスが 印象的でした
今回 一見 これ以上無いほど地味な色合いのドレスですよね
作品と 主人公に合わせてのセレクトでしょうが
この地味な色のドレス よーく見ると 特にドレスの胸元など
とっても手が込んでいて 綺麗なんです
それにあわせたネックレスも また素晴らしくて
こういうのって やっぱり生で見たほうが キレイだわ♪


当たった?
年賀状 出す方は全廃しても 多少いただきます
(ゴメンナサイッ)
今日 お年玉付き年賀葉書の抽選があったので
一応調べてみたら あ、当たった! 

…切手シートが一枚 

なんか 出さないのに当たるって 申し訳ナイ気がしないでも~~ 
カサブランカ 2回目 於 東京宝塚劇場
カサブランカ 2回目です
より それぞれの役に 感情移入して観ていました

ヒロインのイルザって なかなか難しい役どころだと思います
単に 気の多い優柔不断な女 に見えてしまっては
この話の設定が 全部ひっくり返ってしまいます
二人の男性から こんなにも愛されるのを 観客にも納得させられないと
それに 彼女の過去=事情は 後出しで少しづつ わかってくるので
その途中でも ちゃんと魅力的でなければならないし
ののすみちゃん 嫌味の無い素直な演技派娘役です

グラフ誌に 帽子の被り方が難しくて いろいろ工夫しているとあったけど
なるほど 着こなしも素敵です
帽子って 綺麗に見せるの 本当に難しいんですよね
次回の大劇場公演も人妻役でだとか
まぁ彼女なら どんな複雑な役を持ってきても 安心感があるから
演出家も 心おきなくトップさんを より輝いて見せる事に
専念できるんだろうな と思います

そのトップさん、大空さん演じるところのリック
冷徹な武器商人にもなれないし 崇高な革命家にもなれないし
駄々っ子で 情けなくて ちゃんと儲けるところは ぬけめなく
そんなふうなのに それこそが魅力的に 思えます
一見 キザでクールで、
でもとても感情豊かで 舞台の上で 生き生きとしていて
このリックっていう役 いや カサブランカは
ユウヒサンのためにある作品のような気がしました
スーツ姿がかっこいいのは 男役の定番だけれど
彼(?)は上着を脱いだ Yシャツ姿も決まってる、
着る物で体型を補正している男役にとって
かっちりした上着が無いって言うのは なにげに難しいですから

芝居の中で ちょっと好きな台詞がありまして
(いや「君の瞳に乾杯」も もちろん良いけれど)
二幕14場 地下組織の集会に踏み込まれ 
リックのカフェにカールとラズロが逃げ混んできた場面で
ナチが滅びるまで死ぬわけにはいかないと言うラズロに
リックが「息苦しくて降りたくはならないか?」尋ねると
ラズロは「全然」と 少しの迷いも無く答えるところ
この一言で リックは人間として 負けたと思い知らされて
でも 相手の大きさに 気持ちよく負けを認めるんだろうなと。
どんどん しばいは進んでゆくけれど
一つの キーポイントになる台詞だな、と思ってました



ところで 開演直前やたらガタイの良いおじさんが何人か 一緒に居て
何だろうと思ったら あら前原国土交通大臣ご一行でした
ふーん SPさんって 背広の衿に「SP」っていうバッジつけてるんだぁ
でも客席の皆様方は 大臣より その前列にいらした
花組トップの真飛さん御一行の方に 気を取られておいででした 笑
マトブン 細っ 
舞台だとあんなに大きく見えるのに
オフでは とても華奢な 美人さんです

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

余計なギモン
天気予報どうり ここ2~3日の 春の陽気も
今日はすっかり冬に逆戻り

さっぶ~~

ところで 今日見かけて 気になっているのは
近くの道路工事現場にいた 交通整理をしている人
こんな日 外でお仕事は 大変だナァと見たら
ちょっと余計なギモンを持ってしまいました

立派な中年男性なんですが ヘルメットの下の髪が
超不自然な ミルクティー色
よく宴会用変装コーナーなんかで売っている お気軽低価格カツラらしき物
すっかり陽に焼けた 立派な働くおじさんが 
作業着姿でお仕事中に ヘルメットの下に装着するには 
あまりに不自然

ウーン ウーン 
もしかしてあれは 防寒用の 新種の帽子か?
きたーーーっ
東京は 昨日・今日と桜の咲く頃の陽気です
おかげさまで 早々に来ました
フェ~~クションッ!

花粉の季節 いろんな植物の花粉が飛ぶそうですが
どうやら 私は流行に先駆けるタイプに反応するようです

ノリやすい性格が こんなところに出るとは・・・
印獣 wowowにて視聴
やっぱりクドカンは天才なのかもしれない~♪
近所で見かけるときは 地味なオニイチャンだけど

印獣 byねずみの三銃士
(この公式サイト 非常に見難いです)
一昨昨日に観た宝塚歌劇とは 対極ににあるような芝居だワ
どっちも好きだけど♪

なんか作者と役者の才能で 真面目に不真面目に作っちゃったっていう…
あ、自分でも何 書いてるんだかわかんなくなっちゃった
とにかく面白いし 楽しいし 怖いし 深いし 薄っぺらいし~~
でも 一番のキーパーソンは 大女優役の 三田佳子さん
彼女が出演したからこその成功だとも思います
本物の凄さを こんなところで感じるとは
大女優って やっぱり偉大なんだなーと つくづく思いました

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

観劇らんち
普通「観劇ランチ」と言えば
マチネの前に 劇場近くで食べるランチのことですが
いつも 開演間際に 劇場に駆け込み
終演後 とっとと帰る日々を 送っている私にとっては
芝居を観に行く日に ウチに作り置いておくゴハン のことになります
このメニューのレパートリーが少なくて
(まぁ 困るほど観に行くほうの自業自得って声も聞こえますが…)

カレーとおでんは 真っ先に使い果たしてしまいます
観劇仲間のブログで 教えていただくこともしばしば
先日は ロールキャベツに クリームシチューという案を読み
早速 実行させていただきました♪

家を出る前まで バタバタ家事をしてるので
時々やらかすのが ご飯は作ってきたのに
自分の昼食を用意するのを忘れ お昼抜きになること
いつもは コンビニおにぎりなんかを途中で入手し
ロビーの隅っこで ぱくついているのですが
休憩30分だと 混んだトイレと食事の両方は 
成立しないことが 多いんですよね~

ミシンが増えた
東京ドームのキルト博に行ってきました
午後 1時間だけの 駆け足観覧だったんですが
なんじゃ?あの人の多さ 
気分は酸欠 人酔いしそうな状況で あんまり良くは見て来れませんでした

で、材料は殆ど買ってこなかったのに
ミシンだけは また増えました
20100118191814.jpg

…高さ6センチのですが
カサブランカ 於 東京宝塚劇場
面白い!

どう面白いかというと
宝塚らしい 宝塚でしかみせられない魅力に
満ちている作品だということ
宝塚に求められているものが 目の前に 見事に広がっている
これは 他では決して表現出来ない魅力だと思う
歌劇団 ベルばらの劣化コピーやってる場合じゃないよ~
スカピンとか エルアルコンとか カラブランカとか
宝塚でしか出来ない 魅力ある作品 あるじゃない

今日のMY初見のため 
脚本の載っているルサンクはあえて一切読まないできた

ニヒルでカッコつけのキマッているリック
でもそれだけでなく 
若い日の理想主義者なところ、それに挫折したところを丁寧に描いた事により
ロマンチストな行動を取る所に 説得力が出てくる
それにしてもこんな男性は 宝塚の舞台の上にしかいないのよね
風共のレットと同じ
そこも 宝塚に観客が沢山集まる理由だと思う

作・演出のイケコ小池修一郎さん
いわば 職人芸!の域の良い仕事♪
少々ややこしい時代背景を
上手な集団処理で 上手くあらわしている
仏と独の 国のカラーの違いも上手く使っている

珍しく装置がシンプルだったけど
あまり効果的に使われることの少ない映像が
今回は とても効果的 なにせ飛行機が飛んじゃうもんね

作品としても良かったけど この「良さ」は 
やっぱり 主演の大空さんの 
「男役としての集大成」があってのことだと思う
歩く、座る 振り向く…それだけで カッコ良すぎ
歌も良かったし~

お目当ての ののすみちゃん しっとりと情感ある芝居で
若手の御披露目公演とは 思えないほど

2番手の難しい辛抱役 蘭寿さんも良く
あ、フィナーレのエトワール スゴイ歌い手もいるんだと

考えてみると 宙組公演を見るのは 
2004年のファントム以来だから 6年ぶり
生徒さんもすっかり変わって それぞれの見分けもまだつかないけれど
これから せっせと通う予定~

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

冷えます
冬だから 冷え込むのはアタリマエではありますが
この冬 一番の冷え込みが ここ数日続いています
こういうときは… 整体に限る!

先日の武道館疲れが まだどうも少し残っている上に
明日は 日比谷に走らねばならぬので
今日のうちに BODYのメンテ
いろいろ手当ての必要なお年頃です~
ささやかな・・・
あ~ 画像 暗すぎた
20100115192544.jpg
ウチのキッチンの棚です
ずーっと以前から持っていた 主婦のささやかな夢なんですが 
食料品のストックを 揃いの容器に入れて 並べたかったんですよね
昨年 やっと実現
ちなみに 容器は無印のガラス製 このシリーズ
そこそこの 密閉度が 普段使いには 便利です
まんもす!
コンビニには 普段あまり行きませんが
今日は 先行予約チケットの引き取りに寄りました
こんなチケット♪ ファミマ先行抽選が当たった~~

で、何故か ついこんな物も買ってしまった
コンビニさんの 思う壺ですよねー 
20100114194624.jpg
東ハトの マンモスの肉!?
なんか 単なる ウケ狙いって気もしますが
20100114193732.jpg
ちょっと しょっぱい パリパリスナックでした
パッケージは 良いけど 中身の見た目が80点~


テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

大盛況?
昨夜 武道館で2時間 たてノリしてて 
足腰お疲れのところ 今日はヤマハ 
足は動かないわ
昨日の 素晴らしくエッジの効いたドラムスに 打ちのめされるわ
レッスンが終わった頃には もうヘロヘロ

で 建物を出てみたら なんだか人が一杯
隣の建物の中が こんな状態です
20100113195052.jpg
理由はコレ 2ヶ月間の閉店セールの初日でした
20100113195054.jpg
いやぁ 伊勢丹にこんなに人が入ってるの 初めて見ました
やっぱり「閉店セール」って あちこちでさんざんやってても
未だに人を集める 魔法の言葉なのかな?

などと言いつつ 私もやっぱり買い物
北海道物産展で 欲しかったのはコレ
20100113195049.jpg
やっと 整理券なしでも 買えるようになってきた生キャラメル
塩とマンゴーです♪

MUSE来日コンサート 於 日本武道館
昼前の雨に 雪が混じるような寒~い日に
私としては 1年半ぶりのライヴに行ってきました
一昨年 JUDAS PRIESTの来日公演に行ったのも武道館だった

今日はイギリスのバンド MUSEです
昨年 彼達の新譜を 聞きまくり
平日夜のお出かけなので かなり家庭内で無理を言い根回しをし 
行っちゃいました♪

ブログパーツ貼ってみました 
これだけじゃ彼らの良さは伝わりにくいと思うけど・・・

ホントにメロディがよくて 曲の良いバンドです
リズムはヘヴィですが その上に綺麗なファルセットの歌を乗せてくる~
もちろん ギターもかなり上手いですし
ステージ横の座席位置だったんですが
ドラムスも良く見えました
パワフルで シンプルで 歯切れが良くて
あぁいうふうに 叩いてみたいもんです 無理だけど。
今日は ライティングが凝っていて 凄くって
ちょっと目がチカチカしそうでした 笑
レーザーも ストロボも 何でも有りで。
ライヴを どう見せるかって所も 特徴的でした

でも2時間弱 立ちっぱなしで 踊りっぱなしは ちょっときつくて
途中 ミディアムテンポの曲で
2曲ほど座ってたのは 秘密です

開演前のステージ (ケータイで撮っても良いみたいだったので)
左側が ステージ 右側がアリーナのスタンディング席最前列の様子
20100112222752.jpg


テーマ:ロック - ジャンル:音楽

ロンロン→アトレ
こんなポスターが 吉祥寺駅に
20100111193056.jpg
JRの駅の商業施設を アトレって言うのは知ってたけど
改装工事で 慣れ親しんだ吉祥寺ロンロンも変わるんですね

そこでヘビーユーザー(スーパー代わりにに日々使ってます)にとって
一番気になるのは なんといっても
ポイントカードの行方 
同じことを考えて 問い合わせた人が沢山居たようで
こんなポスターも 早速掲示されてました

20100111193053.jpg

あれ? 吉祥寺ロンロンはアトレ吉祥寺になるのに
同じ駅ビルの 三鷹ロンロンは アトレヴィ三鷹になるんだ
その違いは 如何に?

ファニーガール 於 赤坂ACTシアター
20100110165144.jpg
舞台上の奥二階にオーケストラ
セットは室内調度が入れ替わる程度のシンプルなもの
そのかわりに衣装が なにげに凝っている♪

春野さんって すごいシンガーだとは知っていたけど
新しい仕事を見る度に 驚かされる
作品を 役を 完全に自分の中で消化してしまっている
コンサートの時にも思ったけど
いやあの時よりも 歌がパワーアップしているかもしれない
彼女には 既存の役ではなく マルグリットや今回のように
新しいものに出て欲しいと思う
新しい物を 作り出すことのできる人なんだ

さて 楽しみにしてた 橋本じゅんちゃん
完全に舞台のキーパーソンに なっている
えっと 彼 こんなに普通に歌上手かったっけ
いつもは そっちに気がいっていなかったから
彼のキャスティングが 舞台の成功の 一因だろうと思う
笑いを取るだけでない (今日もしっかり取っていたけれど)
ミュージカル役者のじゅんちゃんも また素敵!

製作発表の時の歌を聞いて かな~り不安だった綱島さん
そこそこ気にならない程度に大進歩
芝居はホントに上手かったし
春野・剣幸・田中利花・阿部裕 なんかの実力派シンガーに混じっての
初ミュージカルにしては 大健闘だと思う

見応えたっぷり 3時間ちょっと
あぁ 楽しかった~♪
作品としては かなり手堅くまとめた印象です

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

カサブランカ イルザドール
東京公演の幕が開いて 早や一週間
一応 ののすみイルザドールが完成したので
でっかい画像をアップしてみました
P1030315.jpg
今回のメイクは とにかく大人っぽくを目指してみました
舞台写真が とにかく笑っているのが無かったので
ドールもこういう表情になりました

全身像です
P1030325 のコピー
時の過ぎ行くままに~♪
P1030324 のコピー

初心者、初心者と言い訳してきたけれど
気付いたらもう五体目なんです カスタムドール
やればやるほど 出来ないところが目に付いて…
でも 面白さもわかってきました

次はフィナーレの 羽根を背負ったのやってみたいな~


・・・ことし また武田トートの舞台があるはずなんだ・・・

さかえ書房 取り壊し?
今日のサンロード商店街 やけにうるさいと思ったら
20100108194222.jpg
さかえ書房の解体工事でした
創業50年の 吉祥寺きっての老舗古書店で 
画像にある この看板とブックカバーは 
詩人の金子光春さんの手になるというのが 有名なところです
改装か 閉店かはわかりませんでした
無くなっては 寂しくなるお店なんですが…

↓は新しい吉祥寺の象徴(?) 最新号
スープで世界地図を描いている表紙の写真がGOOD!
20100108194220.jpg

出雲の阿国 於 前進座劇場
1月3日の 本年初観劇
20100107192750.jpg
風邪引きで レポしそこなってました
これを観て 帰宅した後 具合悪っと思い始めたもんで

以前 初台の新国立劇場 中ホールで観た事がありますが
結構イメージ違いました
やはり セットも無いし前進座劇場くらいの大きさに合ってるかと
良く練り上げられた作品だと思うし 
毎日会場の変わる地方公演にも 向いているし
前進座の 財産の一つだと思います
いつも 暗転が多くて長い!と 文句をつけてる 鈴木龍男演出
多少なりと工夫した後が有り おっ進化した♪と思いました
(でも まだちょっと長いょ~)
1人若手で 後からこの作品に加わった
三九郎役の 高橋 佑一郎さん ちょっと貫禄不足だけれど 好演でした

20100107192747.jpg
お正月観劇の楽しみは やっぱりコレ (終わりかけの画像ですが)
開演前の鏡割り
私は飲めませんが 雰囲気だけでも楽しい♪
この真ん中に写ってる方も もちろん役者さん
前進座は もぎりも客席案内も パンフ売りも
み~んな役者さんなのが 最初驚きます

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

バレエ三昧
…病み上がりのブログタイトルがこれかい
と、自分でもツッコミたくなりますが 

昨日は 昼頃から かなり調子が良くなってきたので
食事の支度の他は 横になったまま ずーっと
年末に撮り溜めてあったwowowの録画を観てました

草刈民代最後のバレエ「ジゼル」映像監督・周防正行 と

アダム・クーパーxウィル・ケンプ「兵士の物語」 の2本

時代も表現方法も とても対照的な2作品ですが
どちらも 見応えがあって 素晴らしかったです!

ジゼルは 周防監督の映像のせいも有るのでしょうが
バレエが 無言劇であるというのを より強く感じました
草刈さん 女優に転進するわけです
登場の瞬間から 16才の村娘に 見事なりきっていて
感情の動きも とてもよく伝わってくる
古典中の古典なのに ちっとも古臭くはありませんでした

兵士の物語は シニカルでモダンでとても興味深い作品でした
ちょこちょこ笑えるんですけれど 薄ら寒くなってきたり 深いです
ダンサーの能力が抜群に高く それを生かしきったものでした

見応えありすぎ~♪
直ってきました
年の始めより とんだお騒がせを 致しました
今朝からは熱もほぼさがり 良くなってきました
温かいコメントを沢山頂き 有難うございます
コメ返しは明日にでも…

しかし要介護を抱えていると(今は目が離せない程度ですが)
こういう時 つい考えてしまいますね
病気がうんと重ければ それなりの対応策がありますが
今回のようなとき 休日診療に 年寄りを連れて行く訳にもいかず
食事の支度などは 無くなる訳でもなく
う~~ん…
九度越え
結局 息子からもらったらしい風邪は
インフルエンザのようで
やたら高熱が出てきました
熱のわりには元気ですが まだ医者も正月休み中
なんにもせずに ただ横になってます

寝たままケータイでブログ更新中~
祝!東京初日
なんとか 宙組東京公演初日に カサブランカのイルザドール 間に合いました
帽子が 上手く被れてないのが ちと不満・・・
20100103184659.jpg
20100103184704.jpg
チューブの芯にワイヤーを入れたりして
カーブを出すのに いろいろ小細工をしたのですが
結局 それ以前のサイズに問題があったような…
20100103184706.jpg
これが製作途中経過 リボンもつけて
20100103184702.jpg

実は年末物理息子が有明で風邪を貰ってきて
母にうつしてくれました 
今日は とりあえずこの辺で… (まだ多少の手直しをしたいんです)
暖かい~
なんだかこの冬は暖かな日が続いています
今日も 良く晴れて それほど冷え込みませんでした

…どうやら関東地方だけのようですが

今年は 4日が月曜日なので うちの家族もみんな 明後日から仕事です
お正月は三が日のみ
でも これからはそうなっていくんでしょうね
今日から 商店街は ほぼ営業しているし