プロフィール

mimi2

Author:mimi2
毎日針を持たぬ日はない 縫い物好き 
近頃はドールのコスチュームが中心
あ、舞台と音楽も大好き(HR歴30年!)

吉祥寺在住

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

お針コ日記

お針コ日記
縫い物好きの 徒然なる日常
「ヘドウィグ・アンド・アグリーインチ」 於 新宿FACE
20080430170334
日本初演の 三上博史主演公演は残念なから見損なっているので
今回は何としてでも 観たかったんです
公式サイト→ココ

新宿FACE ひぇ~ コマ隣なのねー
オールスタンディングのライブハウスじゃん
座席番号を貼ったパイプ椅子を全面に並べて 客席を作ってます
どーせ 立ちっぱ 椅子は要らないか
・・・と、思ったけど オープニングとあと数曲立っただけで
ほぼ 座って観てました

形式としては 完全にROCKのライブ
今回前から2列目の サイドの席で 
舞台が近い♪と 喜んでたら
スピーカーの壁のまん前!
普段のスタンディングのライブの時は そんなトコ絶対陣取りません
耳に来る~ 
いつもの ロックコンサート用MY耳栓 もって来るんだった・・・

音響が芝居ではなく ライブですから
足元から ベースの音の振動が ぶるぶる伝わってくる
わたしゃ大好きですけど 芝居だと思ってきた人の中には
耳を手でふさいでいる人もいる 

いや 音のハナシじゃなくて 作品のハナシ
話題になって 何度も再演されるだけのことはあります
面白くて、でも とっても 哀しい・・・
山本耕史さんって すごく意欲があって守備範囲の広い役者だわ~
ほぼ 彼が 歌って語って で進んでゆく舞台です

時代背景の比重の大きい作品なので
冷戦時代を知っていて 
ベルリンの壁が崩壊するのを 目の当たりにしたことのある世代でないと
事前の 少々の現代史の勉強が 必要かと
(ミス・サイゴンを娘と観た時 幕間中ベトナム戦争史の解説を必死にしてたっけ)

歌は英語です
歌詞が 舞台奥の壁面に 出されるんですが
私のエイゴりょくでは 必死に読んでも 
なんとなく~そこら辺な感じ~ ぐらいしかわかりません
そして 必死で読んでると 役者の表情を見るヒマが無い・・・
ナサケナーイ



■ 続きを読む。 ■

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

スタッフのふり
面白い話が 舞い込んできました
来月18日に 地元で 劇団ふるさときゃらばん の公演があるんですが
今回は 子供向けの作品だそうで
子供対象「観劇とバックステージツアー」の地元スタッフを
しないかってハナシです

「団体料金になるけどチケット代は自前なので
誰かやる人 いないかなぁ~?」

はいっはいっ
バックステージって なんかワクワクするところです
ふるきゃらも 一度観てみたかったところなんで
一日 遊んでまいります♪


ハイチュウ
こんなものを お店で見つけてしまい つい購入~
ハイチュウ スイカ味
(あ、色が悪いのは 私の撮影の腕のせいです)20080428210843

それにしても スイカ味って どうだろう?
中はこんな様子20080428210842
食べてみたら すいかと言われれば そんな気もするけど・・・
まずくはアリマセン つぶつぶがカリっとしていて 良いな

それにしても お菓子メーカーのサイトは たのしいです
ハイチュウ の 公式サイトはここ
のぞいてみる? 遊んでみる?


カップケーキ♪
ドールイベント 無事終了♪
盛況でとーっても楽しかったけど ちょっと疲れたゾ
帰宅途中 買い物もあって 東京駅により
グランスタで 遅めのティータイム
カップケーキのFairycake Fair
20080427193007

(フォークが木製!)
休日で混雑してるエキナカですが
ここは ちょっと奥まったところに イートインスペースがあり
入れました
一見して 小さいカップケーキだなぁ~と思ったけど
すごく丁寧に作られていて 美味しい
カップケーキって やたら簡単で大きいイメージがあったんですが
これは 全然違いましたね~ お値段も
キッチンで働いている人の制服も とってもオシャレでした~

明日はドールイベント
持参するものが 縫い終わったのが 今日の昼
もっと 余裕を持って用意出来るハズだったんだけどなぁ

さて 明朝 朝の6時からカレー作りです
(どこに行くにも ゴハンの用意・・・)
開店~♪
今日 ダイヤ街を通ったら すごい人だかり
閉店したキムラヤが ヤマダ電機としてオープンしたそうです
200804252000026
その向かい側では これまた眼鏡市場が今日オープン200804252000024
この連休中 大変な人出になる事は 確かですねー

で、私が 嬉々として行って来たのが PARCOです
連休中に ぐりこやが出店すると 聞いたので
200804252000022
4階 エスカレーター脇の小さなスペースなので
ネットショップにある商品全部が 並んでいるわけではありませんでしたが
20080425200002
こんなのを購入♪
レジのオニイチャン 対応が おたおた手際が悪くて ういういしくて・・・
ロングコロン 一度試して見たかった~20080425200001


連休中は ほぼ地元で過ごす予定です

花盛り~
ご近所の藤の花
今年は当たり年らしく 重たく見えるほど沢山咲いています
花が多いと 香りも強いのよね200804242024482


ところで ウチの入れ歯屋娘君
就職したため 当分 縫い物をする時間は無いそうで
「手持ちの生地 いらない?」と 言ってきました

もらうもらう~♪ と二つ返事で返したら
無印の引き出し 7つも持ってきた
蛙の子は蛙 てことなんだと 実感した次第
20080424202448

自転車ストリート?
以前から 自転車の多い 吉祥寺界隈ですが
ここんとこ 駅 北側に 新しいタイプの自転車店が増えてます

一番あたらしいのが CYCLE SPOT
吉祥寺通りに面した 東町2-7200804231954284

その すぐ並び ちょっと駅よりの 四軒寺交差点に
セオサイクル 吉祥寺店 東町2-1200804231954282

こっちは もっと駅近 五日市街道 吉祥寺プラザ並び
Cycle Workstation 本町1-11
20080423195427

オシャレな自転車が 一杯♪
格安品よりも 気に入ったものの方が 大事にするから
結局は お買い得かな
 
てつおば
観劇ランチと シアタークリエの その前に
東京駅探検を少々して参りました20080422195659

話題の グランスタ の まめぐいで 手ぬぐい地のハンカチを購入
柄は ↑ 中央線です

後 八重洲口 地下改札を出てすぐの本屋さん 栄松堂で 
「個室列車」の本を購入
ここは 鉄道関係の本の 多いので有名なところ
その上の黒字に カラフルな丸模様の本は
地下鉄乗り換え案内本
この手の本 いろいろあるんですが
これは 使いやすい♪

本の上に写っているのは 東京駅コンシェルジュで もらった 
東京駅の見取り図

結局 八重洲口から 帝国ホテルまで 
この見取り図 見ながら 地下道を歩いていきました~
黒蜥蜴の話しを もう少し
う~ん 良い作品を観ると
翌日になっても まだ 頭の中に
いろんな場面がフラッシュバックしてきて
日常生活に 少々ですが 支障をきたします

いつもは オペラグラス使わない主義なんですが
今回は 持ってこなかったことを ちょっと後悔
建物のセットや 椅子や 衣裳や
よ~く細部まで見たいものが 一杯!

20列目の席から 見てたんですが 
美輪さんの つけているアクセサリーが
とっても キラキラと良く輝いてみえました
まさか本物じゃないだろうな あのネックレスや指輪や・・・
まぁ美輪さんが舞台で身に付けて 照明を浴びたら
ガラス玉でも ダイヤに見えてしまうでしょうが

ドレスも和服も 素敵だったけど
服自体より それを女王然として 着こなす
その立ち居振る舞いが 見事でした
舞台上で 裾を引くドレスを着ると
観客の方が はらはらするような女優さん 結構いるからなぁ

明智役の高嶋さん 堂々たる相手役ぶりです
この作品の明智役は
結構シニカルで軽妙な面も 見せるんですが
それが 嫌味にはならず 芝居巧者です
雨宮役の 木村さん 声が低くて響くのが印象的
そういえば 宝塚出身の城月美穂さんが出てらして
懐かしく思えました

昨年 同じ「黒蜥蜴」を宝塚のキムシン演出で観ましたが
(三島脚本ではなかったと思います)
同じストーリーで
良くもこれだけ 異なった作品になるものだと
それも また実感しました~



黒蜥蜴 於 ル・テアトル銀座
観劇ハードスケジュール週間のラストは
なんとしても 観ておきたかった
美輪さんの「黒蜥蜴」

音楽が流れる分量は少ないのに
なぜか音楽劇を観ている気分、
そうか 台詞が音楽のようなんです
三島由紀夫の書いた台詞を 美輪明広が朗ずる
それだけで ミュージックになってしまうところが凄い!

美輪さんは女賊・黒蜥蜴そのものでした
立ち姿から 衣裳の裾さばきにいたるまで
白石「身毒丸」と同じ まさに 完成された形の舞台です
細部のいろいろは吹っ飛んで
ただただ 圧倒されて帰ってきました
近頃 最後に何でもかんでもスタンディングオベーションするけど
これこそ まさに
立って 拍手がしたい!と思わせてくれた舞台でした


テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

観劇ランチ
私は 舞台はマチネ専門です
で、お昼御飯は 時間とお金の節約で
ロビーでおむすび派なんですが
一回ぐらい 優雅な 観劇ランチっていうのを体験してみたいと
昨日 友達とふたり「レベッカ」の前に
シアタークリエ隣の 帝国ホテルに行ってまいりました
(もちろん 1階のオールデイダイニングですが)
なんですか とっても美味しい野菜カレーがあると
TV番組で 森光子さんが仰っていたのを 見た事があったので

20080419195236
コレじゃ 何のお料理だか わかりにくいなー
では帝国ホテルの画像をどうぞ

当り前だけど ウチのカレーとは 全く違うお料理 でした
カレールーは 野菜の味がメインなためか
複雑ながら マイルドなタイプ
お野菜がねー 一品ずつすごく美味しいんです
それぞれ 別々にちゃんと調理すると
こんなに美味しいんだー と びっくりしました
たかがカレーに2300円
でも 確かにその価値ありだなーと 二人で感心してました

お昼時 15分ぐらい並ばないと 入れないようです

「レベッカ」 於 シアタークリエ
昨年 杮落としをしたばかりの シアタークリエ
満を持して行ってまいりました
ミュージカル「レベッカ
「エリザベート」や「ダンス・ウィズ・ヴァンパイア」の
M・クンツェ & S・リーヴァイ コンビの作品

小さめにまとまってるけど 面白い♪
とてもよく出来ていて 私 好きだわ~
うっかり リピートしてしまいそうです 6月までやるしなぁ・・・

結局 主役は シルビア・グラブさんか
低い迫力のある声質が 役にぴったりです
芝居も良いし~

ヒロインの大塚ちひろさん 一番歌が多く
また、聴かせてくれます
小柄な愛らしい容姿の方だけれど 歌は余裕のベテランの風

今回 脇も皆 歌える方ばかり
もったいないくらいです
この人が コレだけの出番?と思うところ 多々
石川禅さんとか 吉野圭吾さんとか
(吉野さん ヴァンパイアのTバックがどうしても眼に浮かんで)

不満を言うなら 山口祐一郎さんの 歌声があまり聴けない事!
押さえた歌が3曲ぐらいかな
彼が出ているのに 大きく歌い上げる曲が少ないのは
つまんない~~
役柄的には 面白いんですけどね

「もったいない」と思わせてくれるぐらい
出演者の層が厚いっていう考え方が出来るのかもしれません






■ 続きを読む。 ■

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

やっと終了
何が終わったかというと
本年の花粉症
昨日からマスク無しで 外を歩けるようになりました
マスクしないって なんてスッキリな気分な事か

ほんと 何とかならないのかしらねぇ
こーんなに患者が多いのに
 
明日はすっきりな気分で
日比谷です シアタークリエ 初めてだ♪
パワー回復?
働き出した 入れ歯屋娘 今日はたまたま休みなそうですが
昼ご飯に呼んでも 起きてこない
12時間熟睡中
食い物でパワー回復してもらおうかと 
黒米入りのおにぎりと
200804161934452
ARIETTAのプリン20080416193445

この黒米御飯 無印良品の炊き込みご飯用をつかってるんですが
普通のお米に混ぜて炊くだけなのに 
もっちりした食感に炊き上がり 少し塩味もついていて
おにぎりにすると とても美味しい♪

ARIETTAのプリンは 濃厚で小さめ
(何故か ブラウニーも 一緒に買ってしまった)

良く寝て 好きなものを食べて ニコニコしてました
回復力があるのも 若い証拠か~

忘れてたっ!
20080415182947
今日はなんにも予定の無い日~♪と、
よい天気に 盛大に洗濯物を干し
ゆっくり珈琲を飲み
手帳を広げて見たら

キルトサークルの日だって事を 忘れてた!

あわてて 遅刻のメールを出し
家を飛びだしました
幸い 電車の接続がよく
それでも30分遅刻
あ~焦った
(ここんとこ 出かけ過ぎのせいかな?)
トライアンフ オブ ラブ 於 銀河劇場
今日も劇場へ~(汗っ)
天王洲アイルの銀河劇場です

シンジ君の出演作品を追いかけるのは
ジャンルを越えて とても興味深い、面白い、
意外なものに出逢えるからなんですが
今回は 今年後半の「エリザ」再演に向け
同じ主演コンビ・演出家・コスチュームプレイ…
どんなもんかなぁ、と
(なんだかんだ言いながらチケット取りましたが 笑)

座席位置は三階、ひぇ~高い
銀河劇場 二階席は舞台に近いけど 三階はあまりお勧めできません

作品としては う~ん どうなんだろう?
商業的には大成功だろうし
破綻もなく きれいにはまとまってるんだけど
こんな大きなハコじゃない所で 気軽~に 観たい感じ
今日の客席に居る人は 多くがエリザに行くんだろうし
エリザ人気に 寄りかかっているのは確実
こういう予定調和は 個人的に 好きじゃありません
と、プロデュース方針に文句を垂れてみる

個々のキャストについては ↓



■ 続きを読む。 ■

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

案内所?
東急デパートの南側の通り(中道通りとムーバスの走る道の間)に
こんな看板を発見♪ 何かと思ったら 
吉祥寺の案内所 だそうです200804131936034
半地下です
確か以前は パンツの裾上げの格安な洋服やさんだったはず200804131936032


武蔵野八幡宮では 今年も 緑色の桜花が満開~20080413193603


↓コレは 昨日のブログに貼り忘れた画像
TBS前は足元にも ぶたさんが居たりする♪200804131936036




トゥーランドット 於 赤坂ACTシアター
赤坂ACTシアター 杮落とし公演 トゥーランドット
ネットでみた前評判が いろいろだったので
ちょっと危惧してたんだけど
結論から言えば すごく良かった
新劇場の柿落としに相応しい 豪華な大型作品でした

舞台セットの 大きな三つの階段が 縦横無尽に動き
いろんな場面を 作っていく、
こういう構成は さすが宮本亜門です
前に観た スゥイニートッドは
オリジナル版に忠実な演出で
宮本さんの個性的な表現は 押さえめだったように思うけど
今回は モダンな空間デザインが 彼らしい
ストーリーも かなり手が入っていて
象徴的に いろんな事を 問い掛けてきます

劇場のロビーにいるスタッフさんの制服が
民族衣裳調で 面白いナァ~と思っていたら
なんと 劇中の国民(一般庶民)と同じ♪
ワダエミさんの衣裳は 目に美しく 作品に深みを与える感じます

個々のCASTでは まず 安倍なつみさん!
最初 出演を聞いて かなり疑問に思ったけれど
私、完全に この方の実力を 見くびってました
台詞が クリアではっきり聞こえる 動きも良く 歌もまぁなんとか
舞台にメリハリを 与えてくれる・・・
アイドルだと思ってたら 立派なミュージカル女優に転進した
本田美奈子さんのケースを 思い出さずにはいられませんでした

もう一人 話題の 早乙女太一さん
踊る場面は さすがの身のこなしでしたが
台詞が聞き取りにくい、そこだけが残念でした
化粧が 彼にしては地味ですが 舞台の上での存在感 あります
・・・16才! これから どんな活動していくのか 楽しみな方です

道化役 あるいは狂言回しの 北村有起哉さんが楽しい♪

・・・主演の三人のハナシが無い 笑
期待通り ということです

この劇場 1階の傾斜が 他より 大きくて
とても観やすいところです
(その分 2階席は高いです)
地下鉄千代田線赤坂駅の改札から
直通といってもいいくらいの足回りのよさも 魅力的


いや 個人的には強行スケジュール
昨日 四国で歌舞伎見てたの 誰だろう? 笑
だって 突如降ってきたチケットだから~

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

こんぴら歌舞伎 於 金丸座
宿からの景色です
ちょっと 見にくいんですが 中央写っているのが
金毘羅宮の大門 参道の石段がわかるかな?

200804112033494

芝居小屋までの こういう雰囲気が 
こんぴら歌舞伎の魅力のひとつです200804112033492
20080411203349
200804112033482
20080411203348
いやぁ良かったです♪
出し物は
「双蝶々曲輪日記  角力場」
「太刀盗人」
「暫」

太刀盗人のいかにも狂言から来ている風も楽しかったし
やはり なにより 海老蔵の暫は 別格でした
現在と比べると 舞台や花道と 客席とが近くて
迫力満点♪
わざわざ行く価値はあるわ~
(あ、私はあくまで付き添いだった 笑)
・・・45㎝角の座布団が きつかったけど

テーマ:歌舞伎 - ジャンル:学問・文化・芸術

渡ってます
20080410183052
今日はちょうど 瀬戸大橋開通20周年だそうです
電車に乗ったまま 海を渡れるなんて
考えたら すごい体験♪
途中下車の旅  岡山にて
新幹線から 四国行きの特急南風に乗りかえる為
岡山で途中下車
200804101612168


200804101612164
今年は ホントに西の方が 桜が遅かったようで
岡山も まだまだきれいな花が残ってました
200804101612162


後楽園と岡山城に 寄りました
約45年(!)ぶり
お池のジグザグ橋をよ~く覚えていました♪…幼稚園の遠足以来です200804101612166

烏城の シャチホコ君もお元気そうでした20080410161216

間に合った~~~
20080410104118
な、なんとか間に合った ゼィゼィ
今日 中央線は変電所の火災とかで 全面ストップ
右往左往して 地下鉄乗り継いで
(JRに接続している地下鉄も影響で遅れて)
新幹線のホームにたどり着いたのは 発車2分前

どの駅でも 沢山の人達が バタバタしてました~
観劇月間
チケット取りの電話がつながって 
良席ゲット!と喜んでいたら
劇場方面には 全く趣味の無い友人が一言

「ふ~ん よかったねぇ 安かったの?

ちょっとビックリして、
なんか新鮮な言葉に聞こえちゃった

そう言えば 芝居のチケット取りに
高いから買わない、という選択はあっても
安いから買う、という選択は無いなぁ

今月は 何故かどうしても観たい舞台が重なってしまい
チケット 7枚ある
一応自分の理想では 月に1~2枚なんですが・・・

と、いうことで でもないけど
明日は四国に出かけます
こんぴら歌舞伎に行く姑の付き添い
完全に 楽な 役得です



「どう」  かな?
今日 お針仲間と久々にランチしたお店
食彩処 洞 なんて読むのか 結局わからず 笑
「どー」かなぁ~と だじゃれってみる
200804081923026

内装が 面白いらしいと聞いてきましたが
ホントに洞窟の中みたいです 
壁にはお魚模様もあるから 海底かな?20080408192302

お昼は 1350円の ミニ懐石のコースと 
それに一品増え コーヒーのついた 1650円の、だけらしい
お豆腐づくしのお料理は 上品で軽め♪
写真を忘れて とっとと食べてしまい 画像はコレだけ

たこ焼きです 200804081923024

ウソデス
「じゃがいもの変わりはんぺん」と お品書きにはありました
食べてみると 和風フライドポテトって感じでした

とっても 繊細なお食事で・・・
つい店を移動して がっつり デザートその②
吉祥寺駅地下の ラ メゾン アンソレイユターブル
キャラメルバナナのタルト

ダイエット!って騒いでいたのは 誰だっけ・・・

200804081923022


いいの とっても美味しかったから!

買い出し
20080407193101

材料が足りなくなり 急きょ買い出しに来た日暮里です
あ~ 開業したばっかりの 舎人ライナー乗ってみたい
(どうもノリテツの気少々あり)
日暮里繊維街 なかなか見事な 桜並木ですが
ほぼ花は散っていました

ここに来ると あんな柄・こんな布と欲しい生地だらけなんですが
うちにある在庫の布が片付いてから、と 我慢して
必要な最小限の買い物だけで 帰途につきました
20080407193231

駅前には デッカイマンションが出来ていて
いーなー こんなとこに住みたいもんだと
ポケ~と 空を仰いで居りました
春眠と…
20080406192743
今日の井の頭公園の お池
桜の花も 枝ではなく 水面に広がっています
(でも 花見客の宴会は まだにぎわっていましたが)

春眠というには もう 季節が遅いと思うのですが
今週から 働き始めた 入れ歯屋娘
なんと 起きてきたのが昼過ぎで
「久しぶりに 12時間以上熟睡してしまった~」
だそうで

母は具合でも悪いのかと思ったゾヨ
起きてきて 今度は バクバク食事してたので 
体調はいたく良好のようです

疲れたというよりは 慣れないことして 緊張したからか
なんにせよ 12時間も寝られるって 若い証拠かも

まふぃんちゃん♪
アメリカでは 私のお腹のようなのを
マフィンと言うそうな
ウエストベルトの上にぜい肉が乗っかってる状態です

さて ミシンの移動 何とか進んでおります
何せ とっとと終わらせないと 
今月末のドルパに出すものがなくなってしまう
こうやって 自分で自分の尻を叩かないと やらないもんなー

・・・自分で自分の首を絞めている、って気もしますが・・・
おっかたっずけぇ~~
今日は珍しく針仕事もせずに
(病気でもしない限り ほぼ毎日縫ってます♪)
せっせとお片づけ

なんと10年振りぐらいに ミシンコーナーの大移動

・・・ずっと 見ない振りしていた作業台上のヤマの中から
いろんなものが でてくる~~

いちいちそういえばこんな服縫ったナァ、などと
いちいち眺めながらやってるから
まー進まない事ったらナイ

子供の連絡網やら キルトサークルの名簿やらも出てきて
これはせっせとシュレッダーかけ
手動だから 時間のかかること

四分の一ぐらい かたづいたかな
先は長い

「ウィキッド」 於 電通四季劇場 海
このチケットを お願いしたのは・・・去年の夏!
やーーーっと観て参りました ウィキッド
しばらくご無沙汰しているうちに 汐留も結構 様変わり♪

本日のキャスト 
 グリンダ役は   西 珠美さん
 エルファバ役は 樋口 麻美さん
う~~ん さすがの歌!
劇場全体を 鋭く振るわせるような声です

ストーリーは「オズの魔法使い」の物語のサイドストーリー
いや ビフォアストーリーか
観終わって なるほど そうつながっているのかと感心
とても面白い話でした

それに 四季の作品にしては 衣裳がゴージャスでした
バッスルドレスをアレンジしたものが主でした♪

いつも思うんだけど 四季のキャストは 皆さん 
実力が粒ぞろい
そこが 四季のすごくて良いところでもあり
突出した魅力の少ないところでもあり

キャストの個々の魅力に頼らない 作品主義が徹底してる
そこまでやるかというほど 徹底している

ま、観客の立場で言えば
いろんな楽しみ方が出来て 嬉しいんですけどネ
リピートは・・・無しだな

テーマ:劇団四季 - ジャンル:学問・文化・芸術